「ウロー」は讃嘆の声

Published / by 飯塚弘明
投稿:2020年03月07日

霊界物語に頻繁に出る言葉の一つに「ウロー」があります。ウローとは、賛美の声、嬉しいときにあげる歓びの声です。
「万歳」とか「イエーイ」などと似たような使い方をします。

「満座の諸神人はあたかも暗夜に月の出たるがごとく喜び勇み手を拍って祝し、ウローウローと叫ぶその声、天地も破るるばかり勇ましかりける」〔第4巻第37章

「鉄彦親子を始め別室に集まりたる村人は、この歌を聞いて今までとはうって変わり蘇生したる如き面色にて、思わず知らず手を拍ち、ウロー、ウローと叫びながら立ち上がり踊り狂う」〔第10巻第34章

ほとんどは片仮名で「ウロー」と表記されていますが、漢字で書かれている箇所が1ヶ所だけあります。第8巻第26章の章題です。
「讃嘆」という漢字に「ウローウロー」という振り仮名が振ってあります。「讃嘆(さんたん)」とは「ふかく感心してほめること」〔広辞苑〕ですが、つまりウローとはそういう気持ちの時に発する言葉であるのです。

もともとの語源は何なのかは、ちょっとわかりません。

「王仁三郎」をエスペラント語で書くと ONI SAV ULO(オニ サブ ウロー)で、「人々を救う人」つまり救世主というような意味になりますが、このULO(人)なのかも知れません。


この記事は『霊界物語スーパーメールマガジン』2015年6月29日号、2019年5月23日号の記事に加筆訂正したものです。(メルマガ登録ページはここをクリック

夢の種類は6つある

Published / by 飯塚弘明
投稿:2020年03月05日

自分は夢を見ない、という人もいますが、寝ている限り必ず夢は見るそうですよ。
ただ起きた後、覚えていないだけです。

この夢には次の6種類があると王仁三郎は言っています。

神夢(しんむ)
霊夢(れいむ)
実夢(じつむ)
虚夢(きょむ)
雑夢(ざつむ)
悪夢(あくむ)

「出口王仁三郎氏を囲む神霊座談会」より
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=B108500c19

神夢というのは、神が姿を現して、あるいは白衣の老人が現れたとか、あるいはワシ(王仁三郎)の姿が現れたとかして、そこで色々の事を教える、というようなのが神夢じゃ。

霊夢というのはもう少しぼんやりしておって、あるいは太陽が出たとか、富士山に登ったとか、あるいは鷹が来たとか、そういうような瑞祥の夢を見る時や。
それを秩序整然と初めから終いまで憶えているのが霊夢や。
しかし霊夢には良いのも悪いのもある。(中略)

悪夢は妙なものにおそわれたりするやつ。

雑夢は木に竹を接(つ)いだようなことで、今亀岡に居るかと思うと東京に居たり、また綾部に居ってみたり、梅の木じゃと思っておったら、牡丹の花が咲いて、下に筍が生えたり、木に竹を接いだようなのを雑夢と言うのじゃ。

それから人の心気が霊に感じて、気分の良い時には霊夢を見る。

雑念のある時には雑夢を見る。

良い夢を見るのは総じて右の肩を下にして、平仮名の「さ」の字になって寝た時には愉快な夢を、左を下にした時には悪夢、仰向けになった時にも、胃腸の弱い時などには悪夢を見る。

(略)
神夢を見るというのはよほど、魂が清浄でなけねばならん。

今年は日の出の夢を見たとか、富士の山を見たとかいうのは霊夢じゃ。

実夢は、どこそこに何が落ちとったというような夢を見て、翌日行ってみると実際にそれがある。

つまり、神夢とは神様が教えてくれる夢、霊夢はそれよりランクが落ちるけど瑞祥の夢、実夢はいわゆる正夢、雑夢はいろいろ雑多な雑念のような夢、悪夢は嫌な夢、ということになります。虚夢に関しては説明がないので不明です。

私が見る夢はたいてい雑夢とか悪夢です。(おそらくほとんどの人はそうだと思いますが)

神夢、霊夢の類はごくたま~に見ます。

王仁三郎が現れた夢は、たしか十年くらい前に一度だけ見たことがあります。
王仁三郎が夢に出てきて、ニッと笑って・・・
それで終わりです。
一体何だったんでしょう???

「さ」の字になって寝れば愉快な夢を見る、と書いてありましたが、これは自分の右腕を腕枕にして、右腹を下にして、足を丸めたポーズで寝ることです。
そういう形で寝るのがよいと王仁三郎は言っております。
●水鏡「寝る時の形」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg207

また、時計の針のようにクルクル回るのが惟神の寝方だと言っております。
●水鏡「惟神の寝方」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg216

一般には「寝相が悪い」と言われる寝方ですが、クルクル回るのが惟神だそうです。
しかしそんな寝方では・・・布団がグチャグチャになっちゃいますね。(^_^;)


この記事は『霊界物語スーパーメールマガジン』2014年1月2日号、2019年6月3日号の記事に加筆訂正したものです。(メルマガ登録ページはここをクリック

非常時に強い社会を築く

Published / by 飯塚弘明
投稿:2020年03月02日

新型コロナの影響は拡大する一方です。実際の病気による人的被害よりも、社会的な被害の方がはるかに大きく拡がっています。旅行・イベントの中止や、それに伴う企業の倒産、マスク等の品不足、学校の閉鎖など、社会は大混乱です。

病気による直接的な人的被害は、今のところインフルエンザと較べれば微々たるものです。毎年日本国内では数百万人から1千万人以上の人がインフルエンザにかかり、数百人から数千人が亡くなっています。それに対して新型コロナはわずか数百人の患者、わずか数人の死者しか(日本国内では)出ていません。新型コロナよりインフルエンザにかかる可能性の方がはるかに高いのです。

もちろん新型コロナも、今後急激に拡大して行くかも知れませんので、決して油断は出来ません。

想定外のことがいろいろと起きてたいへんですが、非常時に弱い社会は滅びるしかありません。
あらゆることを想定しておく必要があります。
そのために、明治25年(1892年)から国祖大神(艮の金神)は、世の大峠が来ることを叫び続けて来たのです。
非常時に強い社会を作らなくては、これから訪れる大艱難を人類が乗り越えることは出来ません。

最終的には地球の地軸が移動するところまで行きます。現在の地上は寒暖の差が激しく、居住環境が厳しい地域がたくさんありますが、地軸移動によって寒暖を平準化し、地球上どこでも住みやすい環境にしようというわけです。それがミロクの世です。

地軸移動というと突拍子もないオカルト話のように聞こえますが、南極点も北極点も、固定ではなく実際に移動していますし、南極・北極の反転ということも数十万年くらいのタイムスパンで起きていることが科学的に判明しています。
地球の長い歴史で見たら、何もたいしたことではないのです。頻繁に起きている出来事です。
しかし人類の短い歴史(記録に残るものはわずか数千年)から見たら、起きたことのない出来事なので、”世の大峠”と呼ぶべき大事件となるわけです。

固定概念とか常識というものに囚われていると、突然訪れた災難に慌てふためいてしまいます。
東日本大震災にしても、あの程度の規模の地震は百年前の明治時代にも起きていたわけです。
それからしばらく起きていなかったので「大地震なんて起きない」ということが常識になってしまい、いざ地震が発生した時にどう対応していいのか分からなかったのです。

新型ウイルスの流行というものも、過去を振り返ってみると、しょっちゅう起きています。
21世紀だけでも、2002~3年のSARSや2009年の新型インフルエンザなど、数年ごとに発生しています。
こういう非常時に、どう対処すればいいのかということを、神様から勉強させられているのです。

これはミロクの世に至るための一つのステップです。
この程度の災難を乗り越えられないようでは、来たるべき大峠を越えることは出来ません。

大峠というと、食糧を貯えて…みたいなことを考える人もいると思いますが、自分一人が生き延びることには、それほど大きな意味はありません。
自分一人でいったい何が出来ますか?
社会として存続させることを考えないといけません。
大勢の人が複雑に絡み合って動いているのが人類社会です。自分一人が生き延びたって、たいした意味はないのです。
大峠は私たちが生きているうちに訪れるとは限りません。自分が死んだ後、人類が生き延びて行くことを考えなくてはなりません。

社会の存続とは、たとえばこういうことです。
新型コロナの集団感染を防止するために、全国の学校が閉鎖されることになりましたが、小さな子どもを一人で家に置いておけないということで、働きに出ている保護者が仕事を休まざるを得ないような状況が起きています。それに対して金銭補償をするということを政府は発表しましたが、単にお金の問題ではありません。その人が仕事を休むということは、その職場が停止する可能性があるわけです。
ある大病院では、数百人の看護師のうち、小さな子どもがいるために2割くらいが出勤不能になったということです。人不足によって医療が停滞してしまうのです。

人々が複雑に絡み合って社会が成り立っていますので、このように一つ歯車が狂うと、全ての歯車が狂い出すのです。
そうならないような仕組みに変えなくてはいけません。小さな子どもを預けて働きに出るということに問題があるのかも知れませんし、そもそも学校を閉鎖するということに問題があるのかも知れません。
ともかく、こういうことを経験しながら、非常時に強い社会を築いて行くわけです。

後世のことより、今の自分の生活の方が大切だという人も大勢いることでしょう。
それは全くその通りだと思いますが、私たちの今の生活は、御先祖様から受け継がれているわけです。
御先祖様のおかげで、今の生活があるわけで、それを後世に繋いで行かねばなりません。
人類の歴史を己の歴史とし、地球の歴史を己の歴史として、ミロクの世を成就させるために貢献して行きたいものです。

メルマガが迷惑メールに分類されないように注意

Published / by 飯塚弘明
投稿:2020年03月02日

メルマガ(霊界物語スーパーメールマガジン)を現在週2回(月・木)配信していますが、届かないという人もいます。

そういう時は迷惑メールに分類されていないか確認して下さい。

oni_do@ybb.ne.jp からのメールを受信する設定にすれば迷惑メールに振り分けられません。

Gmailの場合は、このメールアドレスを連絡先に追加すれば大丈夫です。

参考サイト1参考サイト2