三鏡解説036 三千年に一度実る桃の実

Published / by 飯塚弘明
投稿:2020年10月07日

●水鏡「三千年に一度実る桃の実」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg036

「三千年に一度実る桃の実」というのは、無花果(いちじく)の事である。桃の事ではない。

「優曇華(うどんげ)の花咲く春」というのも同じ意味である。優曇華は印度語であって、無花果の事である。

大本神諭の「煎豆(いりまめ)にも花が咲く」というのと同じ意味であって、希有(けう)の出来事の謂(い)いである。

初出:『神の国』大正15年(1926年)10月号

「三千年に一度実る桃の実」というフレーズは大本神諭には出て来ません。霊界物語に何度か出て来ます。
たとえば、

●第6巻第24章「富士鳴戸」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=rm0624

三十三魂(みづのみたま)は瑞霊(ずいれい)の意なり。また天地人、智仁勇、霊力体、顕神幽とも云い、西王母(せいおうぼ)が三千年の園(その)の桃の開き初めたるも三月三日であり、三十三は女の中の女という意味ともなるを知るべし。

西王母(せいおうぼ)は中国の古い信仰で、女神や仙人のような存在です。
漢の武帝(紀元前1世紀頃の皇帝)が西王母から不老長寿の桃をもらったという故事があります。この桃は三千年に一度、花を咲かして実を結ぶという桃です。
https://kotobank.jp/word/-391318
https://kotobank.jp/word/-619549

「三千年に一度実る桃の実」とは、その桃を指しています。西王母の桃です。

霊界物語では西王母は坤の金神の別名ということになっています。治国別(はるくにわけ)宣伝使の天国巡覧の物語に西王母が出て来ます。霊国の桃園のシーンです。
●第48巻第12章「西王母」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=rm4812

冒頭の水鏡の中で王仁三郎は、この西王母の桃は、実は桃のことではなく、無花果(いちじく)だと言っています。

仏教では、優曇華(うどんげ)が三千年に一度咲くと言われています。
優曇華は想像上の植物ですが、この優曇華の花が咲く時に、転輪聖王(てんりんじょうおう)という理想の王が世に現れると言われています。
そのインドの仏教の優曇華の話が中国に伝わり、中国では桃だと言われるようになったようです。

冒頭の水鏡の中で、優曇華もまた無花果のことだと王仁三郎は言っています。

調べてみると優曇華は無花果そのものではないようですが、無花果の親戚の植物だと言われているようです。
https://kotobank.jp/word/-441041
https://kotobank.jp/word/-102884

「優曇華(うどんげ)の花咲く春」というフレーズも大本神諭は出て来ません。霊界物語に何度か出ます。
たとえば「ここに会うたは優曇華の 花咲く春の引合せ」〔第13巻第2章〕というように、滅多に起きない稀有な出来事を指す譬喩として使われています。

「煎豆(いりまめ)にも花が咲く」というのは、大本神諭に出る有名なフレーズです。
火で煎った豆には花が咲くことはありません。そのあり得ないことが起きるという、稀有の出来事を指す表現です。

ところで無花果というのは、果実ではないそうです。
何とあれは花なんだそうです。
果実のように見えますが、あの中に入っている赤いツブツブが、花なんだそうです。
とても変わった、稀有な植物ですね。
一見、花が咲かないように見えるので「無花果」という文字が当てられたようです。
(参考)
https://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/figue.htm
http://www.ja-gp-fukuoka.jp/education/akiba-hakase/002/003.html


三鏡解説 目次


この記事は『霊界物語スーパーメールマガジン』2019年8月5日号の記事に加筆訂正したものです。(メルマガ登録ページはここをクリック


三鏡解説035 天国霊国と花壇

Published / by 飯塚弘明
投稿:2020年10月07日

●水鏡「天国霊国と花壇」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg035

 天国にも霊国にも花園(はなぞの)が無ければならぬのだ。それで私が昔、花を植えると、訳の分からぬ役員達が抜いて捨ててしまう。だから綾部になかなか天国が建設せられなかった。幸い亀岡の役員達は、私を比較的よく理解していてくれるので、霊国の一大要素たる花苑(かえん)や花壇が段々に出来て来て結構である。

 今私は温室を造っておるが、冬になって花が無くなると霊国の資格が欠けるから、それで私がこしらえておると、今に訳の分からぬ人達が「この経費多端の秋(とき)に当たって、贅沢な温室などをこしらえて、聖師様はどうするおつもりであろうか」などと言う。今も昔も忠義ぶって神の経綸(しぐみ)の妨害ばかりする守護神が多いのは困ったものである。

 神諭に「九つ花(ばな)が咲きかけたぞよ、九つ花が十(と)ようになって咲く時は、万古末代(まんごまつだい)萎(しお)れぬ生花(いきばな)であるぞよ」とある。

 一未信者の設計になった天恩郷の花壇の形が、十曜の神紋であった時に、私はいよいよ時節進展と喜んだ。綾部の神苑にも花壇が出来るようにならねば天国は開けぬのである。

初出:『神の国』大正15年(1926年)10月号

直前の034「厳と瑞」と同じように王仁三郎は、瑞の御霊の神業を役員・信者が理解しない…と歎いています。しかし綾部より亀岡の方がまだ少しマシだというのです。そもそも亀岡の神苑は瑞霊の神業の聖地として造営したので、王仁三郎を慕う人が多いのでしょう。

綾部の神苑は明治40年代から少しずつ買収し、造営して行きました。亀岡の神苑(亀山城址)は大正8年に買収し、大正14年2月以降、本格的に造営が開始され、「天恩郷」と命名されています。詳しくはオニペディアを見て下さい。
○梅松苑
https://onipedia.info/wiki/%E6%A2%85%E6%9D%BE%E8%8B%91
○天恩郷
https://onipedia.info/wiki/%E5%A4%A9%E6%81%A9%E9%83%B7

水鏡「天国霊国と花壇」は『神の国』の大正15年(1926年)10月号に掲載されたものなので、天恩郷の造営が始まって1年ちょっと経った頃の発言です。

綾部の聖地は天国を、亀岡の聖地は霊国を地上に移写したものとして造営されました。
「花園が無ければならぬのだ」と言っているのは、王仁三郎が花好きだったからではなく、天界(天国と霊国)は百花爛漫(ひゃっからんまん)芳香馥郁(ほうこうふくいく)の世界だからです。

温室云々と書いてありましたが、この時は温室で花を育てていたようです。しかし後にそれを止めています。その理由も三鏡に書いてあります。

●玉鏡「温室をやめた理由」(昭和8年8月)
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg735

 大分長い間温室において花を育てていた。それは天国の移写たる聖場には、冬といえども花がなくてはならぬからであった。だがガラスで囲って温湯(おんとう)で暖めてやらねばならぬような花、外へ持ち出すとすぐ萎(しお)れるような花はとうてい駄目である。雪霜(せっそう)を凌いでその中に凛(りん)として咲くような花でなくては物の役に立たぬと思うて、断然温室栽培をやめる事にしたのである。

なるほど。
冬に咲く花というと、サザンカとか椿、葉ボタンなどを栽培していたのでしょうか?

「九つ花(ここのつばな)が咲きかけた」というのは大本神諭に何度か出る表現で、九曜紋が十曜紋になったことを、ミロクの世の表徴として言っているようです。
明治32年(1899年)に遷座祭を行うため、祭典用に注文した提灯が、九曜紋を指定したのに、何故か十曜紋で作られました。
九曜紋は綾部のお殿様である九鬼家の紋章で、当時の大本はそれを使っていたようですが、業者が何故か間違って十曜紋で作ってしまったのです。
十曜紋の方が複雑なので作り間違うとは思えませんが…これが神の仕組だったのです。これによって大本の神紋が十曜紋に定められました。
○大本七十年史 上巻「十曜の神紋」
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=B195401c1522

「一未信者の設計になった天恩郷の花壇」とありますが、未信者とは信者ではない者という意味です。信者ではない人が花壇を設計したのに、たまたま十曜の形で設計した、ということのようです。
王仁三郎はそれを神の意志と受け止めて、「いよいよ時節進展」と喜んだのだと思います。


三鏡解説 目次


この記事は『霊界物語スーパーメールマガジン』2019年8月1日号の記事に加筆訂正したものです。(メルマガ登録ページはここをクリック


三鏡解説034 厳と瑞

Published / by 飯塚弘明
投稿:2020年10月06日

●水鏡「厳と瑞」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg034

 大本の経綸(けいりん)は、経(たて)と緯(よこ)、厳(いづ)と瑞(みづ)とによって御神業が進展しつつあるが、とかく瑞の霊(みたま)の御神業が役員や信者に分からないため、御神業進展のため、どのくらい支障を来たしているか分からぬ。

 今でも同じ事であるが、昔に比べるとよほど仕事がしよくなって来た。それは役員さんも信者さんも、だんだん向上進歩して、私の仕事について理解をもってくれるようになったからである。

 昔は、漢字で書いた本を読めばすぐ、外国の悪霊が憑いているのであると私を責めたくらいであるから、周囲におる人に漢字の読めた人は一人もない。神様はお急ぎなさるし、私は本当に困った。家(うち)の者に手伝いをしてくれるものは皆無だし、せめて角(かく)な字(注・漢字のこと)の読める人が欲しいと思い、苦しい手もとの中から、月々二十円余りも出してある人を学校にやって卒業させた。やれこれですこし読み書きの方の助手が出来たから仕事をはじめようと思うと、また皆でやかましう言うて、そばに寄せつけないようにしてしまった。

 その頃の私は目もよかったし、活字なんかも一人で拾うたが、せめて誰か一人助手が欲しいと痛切に思った。けれど漢字を読むものが私のそばによると、すぐ悪魔扱いをして退けてしまうのだから仕方がない。その頃の事を思えば今は何というても結構なものだ。

 綾部の御神苑を建設するについても妨害ばかり受けたものである。私は教祖様のお頼みで池(注・金竜海のこと)を掘ろうと思い、地所を買うておいた。そしてそれを清めるために二~三年草を生やして放っておいた。そうすると二代(注・妻の出口澄子)が怒って「もったいない、こんな荒地(あれち)にしておいては神様の御気勘に叶わない」と言うて大根や葱(ねぎ)を植え人糞肥料をかけて汚してしまう。私が抜いておくとまた植える。こんな事ばかりしてちっとも思うように行かなかった。

 「よく訳をおっしゃって、理解してお貰いになりましたら、二代様も決してそんなこと遊ばさなかったではございますまいか」と言うのか……。それを云えば神様の御経綸に邪魔が入るではないか。

 悪魔のさやる世の中、おしゃべりの多い世の中だ。その地が神苑になるのだと分かればたちまち地所の価格も騰貴(とうき)するではないか。まだまだ次へ次へと買収して行かなければならないのだから、不如意(ふにょい)(注・貧乏の意)の大本の経済としてはこの点を十分考慮せねばならぬ。それだから、妻にも子にも誰にも云えないのである。

 また今の綾部小学校(注・現在の長生殿が建っているところ)の前の敷地には小松の苗を植えておいて、神苑の出来上がった頃移植する計画を立てておいたのだが、その頃は苗一本が三厘か、四厘しかせなかった。いよいよ神苑が出来上がって、植木が必要となった頃にはかなり大きくなっていて、一本も買わずに済んだのだが、私のこの胸中を知らぬ二代はまた「猫の額ほどの所へも食物を植えよと御神諭にあるのに、こんな松苗なんか植えといてはどもならぬ」と云うて抜いて捨ててしまう。私はまた植えてやる、また抜く。こうして二代と始終暗闘を続けたものだ。

 「そういう御戦いを、教祖様はどうお扱いになりましたか」と聞くのか。教祖様はいつも「先生のなさるままにしておけ」とおっしゃるのだけれど、二代が「それでも御神諭にはこういう風に出ています」と申し上げると「なるほどそうだな」と云われて、私に向かって怒られ、松苗をみな抜いてしまうようにと云われる。私は答えて「私は神様のおおせの通りにしているのです。貴女は知られないでも貴女の神様はよく知っておられます。聞いて来なはれ」と言うと教祖様は御神前に額(ぬか)づいて伺いを立てられ「神様は先生の思う通りにさしておけとおっしゃる」と云われ、それでおしまいになる。こんな事は度々あった。

初出:『神の国』大正15年(1926年)10月号

タイトル通り、厳霊と瑞霊の御用の違いの一例を述べたもので、瑞霊である王仁三郎の御用が、厳霊である出口直開祖や澄子教主に理解されずに困難な目に遭ったことが記されています。

似たようなエピソードは他にも沢山あります。
王仁三郎が大本入りして二年ほど経った明治34年(1901年)10月、開祖が弥仙山の社に籠もってしまうという出来事がありました。王仁三郎が大本を稲荷講社傘下の法人組織に改めようとしたことに立腹したからです。当時は自由に宗教活動が行えたわけではなく、認可されていない宗教は活動するなと言って警察が干渉して来ました。王仁三郎は静岡の長沢雄楯に相談して、長沢がトップを務める稲荷講社の傘下になることで、宗教活動を続けようと考えました。しかし艮の金神さんを他の神様の下に置く形になるため、開祖は立腹したのです。
このエピソードにも、厳と瑞の違いが現れています。

厳霊系の人は小細工せず実直に物事を進めて行くのでしょうけど、いざ妨害に遭ったら、先に進めなくなる可能性もあります。
瑞霊系の人は先のことまで考え、広い視野で物事を見つめていますが、それが厳霊系の人には理解できないので、結果、”暗闘”になってしまうのです。
役割の違い、観点の違いから、そうなってしまうわけですが、互いの役割の違いを受け入れることが、ミロクの世への鍵ということになると思います。


三鏡解説 目次


この記事は『霊界物語スーパーメールマガジン』2019年7月29日号の記事に加筆訂正したものです。(メルマガ登録ページはここをクリック


三鏡解説033 高姫と妖幻坊

Published / by 飯塚弘明
投稿:2020年10月06日

●水鏡「高姫と妖幻坊」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg033

 霊界物語中の高姫(たかひめ)は、凶党界の悪霊・妖幻坊(ようげんぼう)と長い間夫婦生活を続けておることが記されているが、どういうふうにその体的夫婦関係が持続せらるるというのか……。

 左様、簡単に言えば、精力素を奪取されているのである。そして高姫自身はそれを知らず、完全に夫婦関係が成立しているものと思っているのである。

 狐に誑(ば)かされている男が、美婦人と同棲しているつもりで暮らしていると、いつの間にか身体が弱り、虚脱に陥って、呆けてしまうという話、また蛇が若衆の姿に化けて毎夜、娘の閨(ねや)に通ったため、娘はだんだん身体(からだ)が弱り衰え、ついに死んで行くというような話がよくあるが、いずれも同じく、快感を覚えさせておいて精力素を奪取するのであるから、快楽を感じつつ弱って行って、ついには死亡してしまうことになるのである。

 人間の精力素を奪取した狐なり、狸なり、蛇なりは、それだけ人間化し、向上するわけだから喜んでいる。

初出:『神の国』大正15年(1926年)10月号

高姫と妖幻坊が夫婦になったのは、第49巻からです。

霊界物語最凶悪の高姫はいちおう人間ですが、妖幻坊は凶党界に所属する凶霊です。凶党界というのは「肉体的精霊の団体」とも呼ばれています。
●水鏡「凶党界」
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg084

凶党界は中有界(精霊界)の中でも、もっとも物質界(現界)に近い領域です。
ここに居る凶霊たちが、狐狸や蛇など妖魅に化けて物質界に出現し、人間に悪さをしているのです。

●霊界物語第50巻第1章「至善至悪」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=rm5001#a189

(略)精霊界は霊界・現界のまた中間に介在せりと云ってもいいくらいなものである。故に精霊界には自然的即ち肉体的精霊なるものが団体を作って、現界人を邪道に導かんとするものある事を知らねばならぬ。

肉体的精霊とは、色々の種類あれども、その形は人間に似て人間にあらざるあり、あるいは天狗あり、狐狸あり、大蛇あり、一種の妖魅ありて、暗黒なる現界に跋扈跳梁(ばっこちょうりょう)しつつあり。これらは地獄界にも非ず、一種の妖魅界または凶党界と称し、人間に譬うれば、いわゆる不浪の徒である。

彼らは人間の山窩(さんか)の群の如く、山の入口や川の堤や池の畔、墓場の附近等に群居し、暗冥にして頑固なる妄想家の虚を窺い、その人間が抱持せる欲望に附け入って虚隙(きょげき)を索(もと)めて入り来るものである。

この肉体的精霊=凶霊である妖幻坊は、「獅子・虎両性の妖怪」とも呼ばれています。
●第50巻第6章「玉茸」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=rm5006&mky=a080-a081#a080

そんな恐ろしい化け物と、高姫は夫婦になってしまったのです。
高姫は相手が化け物とは知りませんでした。妖幻坊が杢助(もくすけ)という人に化けて現れたのです。

杢助は時置師神(ときおかしのかみ)とも呼ばれています。三五教の宣伝使で、もともとはオノコロ島の「生田の森」の神館で活動していましたが、第49巻の時点では、フサの国の斎苑館(いそやかた)(スサノオの拠点)で総務(役員のこと)を務めています。初稚姫(はつわかひめ)(三五教の宣伝使)の父親です。

高姫は、フサの国の「祠(ほこら)の森」の聖場を訪れた時、杢助(に化けた妖幻坊)と出会い、そこで意気投合して夫婦となり、祠の森の聖場を乗っ取ろうとたくらみます。
●第49巻第12章「お客さん」
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=rm4912

一体どうやって人間の高姫と凶霊の妖幻坊とが夫婦生活を営むのか?という疑問を持った信者が王仁三郎に質問し、それに対する回答が、冒頭の教示です。
「精力素を奪取されている」と言うのですが、「精力素」とは「精力」とは少々異なるようです。

他のところでは、「精力素」の後ろに括弧して「エクトプラズム」と書いています。それは「精液の変形した」ものだと説明しています。

●玉鏡「霊媒は短命」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg723

 霊媒の物理的現象を起こす精力素(エクトプラズム)は精液の変形したるものである。そして外気にふるれば九分(くぶ)までは汚れてその精気を失うものであるから、再び身体にかえっても駄目である。ああした実験をたびたびやるのはよくない。生命(いのち)が短くなる。私はみな一通りやったが、この原理が分かったからやめたのだ。

エクトプラズムのことや、「ああした実験」のことは、シルバーバーチの人が書いた解説がこちら↓にあるので読んでください。写真も載っています。
●「エクトプラズムとは」(スピリチュアリズム普及会)
http://sp-phenomena.in.coocan.jp/part3/p3chapter1/p3c1-0B.htm


三鏡解説 目次


三鏡解説032 御手代と国替

Published / by 飯塚弘明
投稿:2020年10月04日

●水鏡「御手代と国替」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg032

 国替(くにがえ)をすると、御手代(みてしろ)や、楽焼(らくやき)のお茶碗お盃などをその人の所有として埋(うず)めてやれと聖師様がおっしゃったという怪宣伝があるそうだが、そんなことは決してない。それではせっかく私が霊を篭めて造ったものが、みな地中に埋(うず)もれてしまうことになる。

 そんなつまらぬことをしてはならぬ。後に取っておいてお祭りのたびに供えるようにしたらよいのである。

初出:『神の国』大正15年(1926年)9月号

国替とは、帰幽と同じ意味です。死んで、現界から霊界へ、住む世界(国)を替えること、つまり死ぬことです。
御手代とは、王仁三郎が宣伝使に下付した神器です。竹製のおしゃもじに王仁三郎が歌を書きスの拇印を押したもので、病気平癒祈願などに用いられます。

人が死んだらワシが作った御手代や茶碗を棺桶に一緒に入れてやれと聖師様が言った…というデマが大本内に流布されていたのでしょう。それで、それはデマだと否定したわけです。

現代ではデマという言葉よりフェイクという言葉がよく使われます。
ネット社会では、フェイクが広まりやすく、王仁三郎に関する情報も、ネットで調べると、フェイクがたくさんあります。
しかし王仁三郎に関することは、王仁三郎が書いたものを調べれば、その真偽がはっきりします。
そういう理由もあって、私は霊界物語ネットや王仁DBを運営しています。
わけのわからん輩の言説を聞かなくても、各自が直接、王仁三郎の教えを調べることが出来るようにしているのです。


三鏡解説 目次