三鏡解説036 三千年に一度実る桃の実

投稿:2020年10月07日

●水鏡「三千年に一度実る桃の実」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg036

「三千年に一度実る桃の実」というのは、無花果(いちじく)の事である。桃の事ではない。

「優曇華(うどんげ)の花咲く春」というのも同じ意味である。優曇華は印度語であって、無花果の事である。

大本神諭の「煎豆(いりまめ)にも花が咲く」というのと同じ意味であって、希有(けう)の出来事の謂(い)いである。

初出:『神の国』大正15年(1926年)10月号

「三千年に一度実る桃の実」というフレーズは大本神諭には出て来ません。霊界物語に何度か出て来ます。
たとえば、

●第6巻第24章「富士鳴戸」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=rm0624

三十三魂(みづのみたま)は瑞霊(ずいれい)の意なり。また天地人、智仁勇、霊力体、顕神幽とも云い、西王母(せいおうぼ)が三千年の園(その)の桃の開き初めたるも三月三日であり、三十三は女の中の女という意味ともなるを知るべし。

西王母(せいおうぼ)は中国の古い信仰で、女神や仙人のような存在です。
漢の武帝(紀元前1世紀頃の皇帝)が西王母から不老長寿の桃をもらったという故事があります。この桃は三千年に一度、花を咲かして実を結ぶという桃です。
https://kotobank.jp/word/-391318
https://kotobank.jp/word/-619549

「三千年に一度実る桃の実」とは、その桃を指しています。西王母の桃です。

霊界物語では西王母は坤の金神の別名ということになっています。治国別(はるくにわけ)宣伝使の天国巡覧の物語に西王母が出て来ます。霊国の桃園のシーンです。
●第48巻第12章「西王母」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=rm4812

冒頭の水鏡の中で王仁三郎は、この西王母の桃は、実は桃のことではなく、無花果(いちじく)だと言っています。

仏教では、優曇華(うどんげ)が三千年に一度咲くと言われています。
優曇華は想像上の植物ですが、この優曇華の花が咲く時に、転輪聖王(てんりんじょうおう)という理想の王が世に現れると言われています。
そのインドの仏教の優曇華の話が中国に伝わり、中国では桃だと言われるようになったようです。

冒頭の水鏡の中で、優曇華もまた無花果のことだと王仁三郎は言っています。

調べてみると優曇華は無花果そのものではないようですが、無花果の親戚の植物だと言われているようです。
https://kotobank.jp/word/-441041
https://kotobank.jp/word/-102884

「優曇華(うどんげ)の花咲く春」というフレーズも大本神諭は出て来ません。霊界物語に何度か出ます。
たとえば「ここに会うたは優曇華の 花咲く春の引合せ」〔第13巻第2章〕というように、滅多に起きない稀有な出来事を指す譬喩として使われています。

「煎豆(いりまめ)にも花が咲く」というのは、大本神諭に出る有名なフレーズです。
火で煎った豆には花が咲くことはありません。そのあり得ないことが起きるという、稀有の出来事を指す表現です。

ところで無花果というのは、果実ではないそうです。
何とあれは花なんだそうです。
果実のように見えますが、あの中に入っている赤いツブツブが、花なんだそうです。
とても変わった、稀有な植物ですね。
一見、花が咲かないように見えるので「無花果」という文字が当てられたようです。
(参考)
https://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/figue.htm
http://www.ja-gp-fukuoka.jp/education/akiba-hakase/002/003.html


三鏡解説 目次


この記事は『霊界物語スーパーメールマガジン』2019年8月5日号の記事に加筆訂正したものです。(メルマガ登録ページはここをクリック