三鏡解説034 厳と瑞

投稿:2020年10月06日

●水鏡「厳と瑞」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg034

 大本の経綸(けいりん)は、経(たて)と緯(よこ)、厳(いづ)と瑞(みづ)とによって御神業が進展しつつあるが、とかく瑞の霊(みたま)の御神業が役員や信者に分からないため、御神業進展のため、どのくらい支障を来たしているか分からぬ。

 今でも同じ事であるが、昔に比べるとよほど仕事がしよくなって来た。それは役員さんも信者さんも、だんだん向上進歩して、私の仕事について理解をもってくれるようになったからである。

 昔は、漢字で書いた本を読めばすぐ、外国の悪霊が憑いているのであると私を責めたくらいであるから、周囲におる人に漢字の読めた人は一人もない。神様はお急ぎなさるし、私は本当に困った。家(うち)の者に手伝いをしてくれるものは皆無だし、せめて角(かく)な字(注・漢字のこと)の読める人が欲しいと思い、苦しい手もとの中から、月々二十円余りも出してある人を学校にやって卒業させた。やれこれですこし読み書きの方の助手が出来たから仕事をはじめようと思うと、また皆でやかましう言うて、そばに寄せつけないようにしてしまった。

 その頃の私は目もよかったし、活字なんかも一人で拾うたが、せめて誰か一人助手が欲しいと痛切に思った。けれど漢字を読むものが私のそばによると、すぐ悪魔扱いをして退けてしまうのだから仕方がない。その頃の事を思えば今は何というても結構なものだ。

 綾部の御神苑を建設するについても妨害ばかり受けたものである。私は教祖様のお頼みで池(注・金竜海のこと)を掘ろうと思い、地所を買うておいた。そしてそれを清めるために二~三年草を生やして放っておいた。そうすると二代(注・妻の出口澄子)が怒って「もったいない、こんな荒地(あれち)にしておいては神様の御気勘に叶わない」と言うて大根や葱(ねぎ)を植え人糞肥料をかけて汚してしまう。私が抜いておくとまた植える。こんな事ばかりしてちっとも思うように行かなかった。

 「よく訳をおっしゃって、理解してお貰いになりましたら、二代様も決してそんなこと遊ばさなかったではございますまいか」と言うのか……。それを云えば神様の御経綸に邪魔が入るではないか。

 悪魔のさやる世の中、おしゃべりの多い世の中だ。その地が神苑になるのだと分かればたちまち地所の価格も騰貴(とうき)するではないか。まだまだ次へ次へと買収して行かなければならないのだから、不如意(ふにょい)(注・貧乏の意)の大本の経済としてはこの点を十分考慮せねばならぬ。それだから、妻にも子にも誰にも云えないのである。

 また今の綾部小学校(注・現在の長生殿が建っているところ)の前の敷地には小松の苗を植えておいて、神苑の出来上がった頃移植する計画を立てておいたのだが、その頃は苗一本が三厘か、四厘しかせなかった。いよいよ神苑が出来上がって、植木が必要となった頃にはかなり大きくなっていて、一本も買わずに済んだのだが、私のこの胸中を知らぬ二代はまた「猫の額ほどの所へも食物を植えよと御神諭にあるのに、こんな松苗なんか植えといてはどもならぬ」と云うて抜いて捨ててしまう。私はまた植えてやる、また抜く。こうして二代と始終暗闘を続けたものだ。

 「そういう御戦いを、教祖様はどうお扱いになりましたか」と聞くのか。教祖様はいつも「先生のなさるままにしておけ」とおっしゃるのだけれど、二代が「それでも御神諭にはこういう風に出ています」と申し上げると「なるほどそうだな」と云われて、私に向かって怒られ、松苗をみな抜いてしまうようにと云われる。私は答えて「私は神様のおおせの通りにしているのです。貴女は知られないでも貴女の神様はよく知っておられます。聞いて来なはれ」と言うと教祖様は御神前に額(ぬか)づいて伺いを立てられ「神様は先生の思う通りにさしておけとおっしゃる」と云われ、それでおしまいになる。こんな事は度々あった。

初出:『神の国』大正15年(1926年)10月号

タイトル通り、厳霊と瑞霊の御用の違いの一例を述べたもので、瑞霊である王仁三郎の御用が、厳霊である出口直開祖や澄子教主に理解されずに困難な目に遭ったことが記されています。

似たようなエピソードは他にも沢山あります。
王仁三郎が大本入りして二年ほど経った明治34年(1901年)10月、開祖が弥仙山の社に籠もってしまうという出来事がありました。王仁三郎が大本を稲荷講社傘下の法人組織に改めようとしたことに立腹したからです。当時は自由に宗教活動が行えたわけではなく、認可されていない宗教は活動するなと言って警察が干渉して来ました。王仁三郎は静岡の長沢雄楯に相談して、長沢がトップを務める稲荷講社の傘下になることで、宗教活動を続けようと考えました。しかし艮の金神さんを他の神様の下に置く形になるため、開祖は立腹したのです。
このエピソードにも、厳と瑞の違いが現れています。

厳霊系の人は小細工せず実直に物事を進めて行くのでしょうけど、いざ妨害に遭ったら、先に進めなくなる可能性もあります。
瑞霊系の人は先のことまで考え、広い視野で物事を見つめていますが、それが厳霊系の人には理解できないので、結果、”暗闘”になってしまうのです。
役割の違い、観点の違いから、そうなってしまうわけですが、互いの役割の違いを受け入れることが、ミロクの世への鍵ということになると思います。


三鏡解説 目次


この記事は『霊界物語スーパーメールマガジン』2019年7月29日号の記事に加筆訂正したものです。(メルマガ登録ページはここをクリック