三鏡解説008 霊界と神霊界

投稿:2020年09月06日

●水鏡「霊界と神霊界」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg008

 霊界とは霊妙な世界という事であって、顕、幽、神三界を総称してしか(注1)いうのである。

 人あり霊界物語を評していわく「書名題して霊界物語という。しかるに記すところは顕現界の事象はなはだ多し。何ぞそれ内容と題名と相応せざる事、かくの如くはなはだしきや」と。これ、霊界の意味を真に知らざるが故の妄評であって、霊界というのは、三界を包含したるものであるから、顕現界の事を記して、ちっとも差し支えないのである。世人のいわゆる霊界というのは、神霊界をさしていうのであって、霊界とはその範囲がよほど狭くなってくる。

初出:『神の国』大正15年(1926年)2月号

注1「しか」…「然り」ということで、「その通り」という意味。

世間一般でいう「霊界」とは、目に見えない世界、死後の世界というような意味で使われていると思います。
ちなみに広辞苑には「(1) 霊魂の世界。死後の世界。(2) 精神およびその作用の及ぶ範囲。精神界。」と書いてあります。
そういう感覚で霊界物語を読むと違和感を感じて、「【霊界】物語なのに、何じゃこれは?」と疑問に思うことになるのです。

第1巻の真ん中までは、いかにも死後の世界というような感じです。主人公(王仁三郎)が霊界へ行き、閻魔大王と出会ったり、亡者が現れたり、水地獄に遭遇したりと、マンガなどにもよく出てくる死後の世界です。
ですがそれ以降は神々の戦争の話となり、神話的な世界観になります。さらに第13巻以降になると舞台がかなり現代的になってきます。

霊界物語の霊界とは、上に書いてあったように、顕界(現界、物質界)、幽界(地獄界、根の国底の国)、神界(天界)の三界の総称で、つまり目に見える世界も見えない世界も全部含めた、この宇宙全体を指すのです。
ここには書いてありませんが、死者が最初に訪れる中有界(ちゅううかい)も当然含まれています。ただしここでは省略して顕・幽・神の三界と言っています。

「世人のいわゆる霊界というのは、神霊界をさしていうのであって」の「神霊界」とは、狭義の霊界であって、王仁三郎用語の幽界・神界のことです。

「霊界」は三界の総称だと言っても、王仁三郎は必ずしもそういう意味で「霊界」という言葉を使っているわけではありません。狭義の霊界(世間一般でいう霊界)つまり三界のうち幽界・神界だけを指す呼び方としても使っています。というより、そちらの方が多いです。
たとえば、

「国祖を地上【霊界】の主宰神たらしめたまいし太古の神代の物語」(第1巻序)
「【霊界】の業といえば世間一般に深山幽谷に入って、出世間的難行苦行をなすこととのみ考えておる人が多いようである」(第1巻第2章)
「今度はだんだん睡気を催しきたり、ふたたび【霊界】の人となってしまった」(第1巻第13章)

これらの「霊界」はみな、現界を含めない、狭義の霊界(神界・幽界)のことです。
「霊界物語」という題名の「霊界」だけが、三界の総称であると考えた方がいいです。

霊界物語は王仁三郎が霊界で目撃した出来事ですが、それがなぜ現界を含めた三界の物語だと言っているのか?
それは霊界と現界は合わせ鏡であり、霊界で起きたことは現界でも起き、現界で起きたことは霊界でも起きるからです。これを王仁三郎用語で「移写(いしゃ)」と呼びます。
(第21巻総説を参照)
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=rm210003

であるから、霊界で目撃したことは、現界でも起きる(あるいはすでに起きた)ので、現界も含めた三界の物語ということになるのです。
ただし霊界は想念の世界であり、霊界における時間・空間は現界のそれとは全く異なります。ですから、霊界で目撃した場所・時間に現界でも起きるということではありません。
時間の順序も前後する場合もあります。

ちなみに幽界という言葉も、王仁三郎は二通りの意味で使っています。地獄界という意味と、幽世(かくりよ)つまり霊界(天界・地獄界)という意味です。

「されど神界【幽界】の出来事は、古今東西の区別なく、現界に現れ来ることも、あながち否み難きは事実にして」(第1巻序)
この幽界は地獄界という意味です。

「高熊山に登るまでに顕界の修行を了え、また幾分かは【幽界】の消息にも通じておったからである」(第1巻第2章)
「そうして中有の四十九日間は【幽界】で迷っておるから」(第1巻第14章)
この幽界は霊界という意味です。

言葉の意味はいろいろあるので、読むときに注意が必要です。


三鏡解説 目次


この記事は『霊界物語スーパーメールマガジン』2019年6月24日号の記事に加筆訂正したものです。(メルマガ登録ページはここをクリック