三鏡解説006 我はキリストの再来に非ず

投稿:2020年09月05日

●水鏡「我はキリストの再来に非ず」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg006

 人あり、我を目してキリストの再来なりと言う。我が弟子たち、また我を見てキリストの再来なりと信じ、そを我がために名誉なりとさえ考え、バイブルを引証して力説するものあり、はなはだ有難迷惑の次第である。

 彼キリストは、ヨハネによって「彼は火をもって洗礼を施す」と予言されながら、ついに火の洗礼を施すに至らずして帰幽(きゆう)せり。彼の事業は未完成のまま、悪魔の妨害によって中絶せしに非ずや。我の来(きた)れるは神業(しんぎょう)完成のためなり。火をもって洗礼を施さんがためなり。世界くまなく神の福音を宣べ伝えんがためなり。

 しかして我はすでにすでに、全世界に向かって火の洗礼を施しつつあるは、我が信徒らの日夜親しく目撃するところに非ずや。

 わずかに小アジアの一部分(注1)に水の洗礼を施したるキリストをもって我に擬し、栄誉を感じつつある、いとも小さき心の持ち主らよ、今少し偉大なる志をもって我に従え。

初出:『神の国』大正14年(1925年)10月号

注1「小アジアの一部分」…イエス・キリストが活動したパレスチナのこと。

当時、王仁三郎がイエス・キリストの再誕であるように思っていた信者がいたのですが、王仁三郎はそれを有り難迷惑だと言っています。
謙遜して言っているのではなく、自分はその程度の人物ではない、というのです。

キリスト教は世界最大勢力を持つ宗教ですが、教祖のイエス・キリスト自身が世界に広めたわけではありません。キリスト教をここまで広めたのは、その弟子たち(クリスチャン)の2千年間の努力によるものです。
イエス・キリスト自身はパレスチナの地だけでしか活動しておらず、その期間ははっきり分かっていませんが、最大でも3年くらいだろうと推測されています。
わずか3年間しか宣教活動をせず、わずかな人数(数十人?)の信者しか出来ず、最後にはエルサレムで十字架に架けられ処刑されてしまったのです。

もちろん、彼の言葉が弟子たちの魂を揺さぶり、宣教に邁進させ、ユダヤ教の一派を世界最大の宗教に拡大させたという点では、とても偉大な人物です。
ですが、御神業が現在進行中で教勢を拡大させて行っている王仁三郎にとっては自分が、わずかな年数、わずかな信者数の教団のまま殺されてしまったイエス・キリストの再来であるかのように思われることは、はなはだ迷惑だったのでしょう。

この発言から3年後の昭和3年(1928年)3月3日に満56歳7ヶ月を迎えた王仁三郎は、みろく大祭を開き、みろく下生(げしょう)を宣言しました。これはつまり救世主として世に立ったという宣言です。
●大本七十年史 下巻 「みろく大祭」
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=B195402c5111

月鏡の「キリストの再来」の中では、霊界物語で説いたキリストと、ナザレのイエス(つまりイエス・キリストのこと)とは全然別人であると説いています。その説明は後日、該当のブログで行いたいと思います。
●月鏡「キリストの再来」
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg365

火の洗礼・水の洗礼については、001「火の洗礼と水の洗礼」にも書きました。

王仁三郎用語では、火の洗礼は霊の洗礼であり、霊界・霊魂の方面の改革です。水の洗礼は体(たい)の洗礼であり、現界・肉体の方面の改革です。


三鏡解説 目次