ボードロノ、シウレン

投稿:2020年02月19日

十年以上前のことですが、鼠先輩の『ギロッポン』という歌が流行りました。
ギロッポンとは六本木の俗称です。
寿司をシースーと言ったり、芸能界で使う用語ですが、言葉の前後を転倒させた逆さ言葉(倒語)は昔から世界中にあります。

話の内容が他人に容易に分からないようにするために、隠語として使われ出した場合が多いようです。
たとえば「ダフ屋」の「ダフ」は「札(ふだ)」の倒語、「ショバ代」の「ショバ」は「場所」の倒語です。

古くは、日本書紀に「倒語」という言葉が出て来ます。神武即位の年の出来事です。

宇治谷孟の『全現代語訳 日本書紀 上』(講談社学術文庫)から引用してみます。

「初めて天皇が国政をはじめられる日に、大伴氏の先祖の道臣命(みちのおみのみこと)が、大来目部(おおくめべ)を率いて密命を受け、よく諷歌(そえうた)(他のことになぞらえてさとす歌)、倒語(さかしまごと)(相手に分らせず味方にだけ通じるよう定めていう言葉)をもって、わざわいを払いのぞいた。倒語の用いられるのはここに始まった。」(同書p108)

ギロッポンのような倒語の始まりは神武創業の年に溯るわけです。日本国家の誕生と共に倒語も始まったわけです。ずいぶん古いからあるんですね。

さて、霊界物語にも倒語が登場しますので一つ紹介します。
第21巻第7章「誠の宝」に、倒語だけで書かれたセリフが出ます。

雲州(うんしゅう)、三州(さんしゅう)、甲州(こうしゅう)という名前の3人が泥棒が、杢助(もくすけ)の家にお金を盗みに入ろうとします。

家に入る前に、練習をします。
リーダー格の雲州が三州に、泥棒だと思われないよう、お経を唱えよと言います。
しかしお経なんて三州は知りません。
そこで雲州が「何でもいい。そこらの物をデタラメ放題に並べればいい。逆様に言うのだ」と教えます。
テキトーに逆様にしてしゃべれば、お経のように聞こえるというのです。

雲州が試しにしゃべってみます。
「まず屏風にフスマ、鍋に釜、徳利、杉に松、門口その他われわれの名だ」と言って、

「ブベウ、マフス、ベナーマカ、チバヒ、シバヒ、
ツマ、ギス、ドカー、シウウン、シウサン、シウコウ、ケワルハー、マーター、
ケーワー、ニーク、ツター、ケワー、リヨーニクー、
スケモクノボウニヨーノー、ギスーオーサン、ダーシン、ダーシン、
ワイカワイカ、ワカイマツー、カハノー、カナーデー、クタベツナツテ、
ルオーデー、ローアー、ハンニヤハラミタシンギヨウ、
ウン、アボキヤ、スギコーノリーモーデ、
ボードロノ、シウレン、オリーヤーマーシータ、
アサ、アサ、レコラカハレカノ、ラカダヲ、ラモイ、シヨマ、
ハンニヤハラミタシンギヨー」

と逆さ言葉を並べ立てました。
さて、何を言っているのか分かりますか??
実は正解は書いていません。
私が解読したところによると、次のようになります。

「ベウブ(屏風)、フスマ(襖)、鍋、釜、火鉢、火箸、
松、杉、門、雲州、三州、甲州、玉治別(たまはるわけ)、
竜国別(たつくにわけ)、国依別(くによりわけ)、
杢助(もくすけ)の女房のお杉さん、死んだ、死んだ、
可愛い可愛い、可愛い妻、墓の、中で、クタベツナツテ、
おるで、あろう、般若波羅蜜多心経、
ウン、アボキヤ、小杉の森で、
泥棒の、練習、をやりました、
さあ、さあ、これからは彼の、体を、貰い、ましょ、
般若波羅蜜多心経」

解読不能な言葉もいくつかありました。
たぶん前後の物語をよく読めば解って来ると思います。

こんなふうに霊界物語には、逆さ言葉で「暗号」が秘められている場合があるので、皆さん、霊界物語を読んでいて何か気がついたら教えて下さい!


この記事は「霊界物語スーパーメールマガジン」2012年12月12日号の記事に加筆訂正したものです。(メルマガ登録ページはここをクリック