日別アーカイブ: 2020年10月6日

三鏡解説034 厳と瑞

Published / by 飯塚弘明
投稿:2020年10月06日

●水鏡「厳と瑞」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg034

 大本の経綸(けいりん)は、経(たて)と緯(よこ)、厳(いづ)と瑞(みづ)とによって御神業が進展しつつあるが、とかく瑞の霊(みたま)の御神業が役員や信者に分からないため、御神業進展のため、どのくらい支障を来たしているか分からぬ。

 今でも同じ事であるが、昔に比べるとよほど仕事がしよくなって来た。それは役員さんも信者さんも、だんだん向上進歩して、私の仕事について理解をもってくれるようになったからである。

 昔は、漢字で書いた本を読めばすぐ、外国の悪霊が憑いているのであると私を責めたくらいであるから、周囲におる人に漢字の読めた人は一人もない。神様はお急ぎなさるし、私は本当に困った。家(うち)の者に手伝いをしてくれるものは皆無だし、せめて角(かく)な字(注・漢字のこと)の読める人が欲しいと思い、苦しい手もとの中から、月々二十円余りも出してある人を学校にやって卒業させた。やれこれですこし読み書きの方の助手が出来たから仕事をはじめようと思うと、また皆でやかましう言うて、そばに寄せつけないようにしてしまった。

 その頃の私は目もよかったし、活字なんかも一人で拾うたが、せめて誰か一人助手が欲しいと痛切に思った。けれど漢字を読むものが私のそばによると、すぐ悪魔扱いをして退けてしまうのだから仕方がない。その頃の事を思えば今は何というても結構なものだ。

 綾部の御神苑を建設するについても妨害ばかり受けたものである。私は教祖様のお頼みで池(注・金竜海のこと)を掘ろうと思い、地所を買うておいた。そしてそれを清めるために二~三年草を生やして放っておいた。そうすると二代(注・妻の出口澄子)が怒って「もったいない、こんな荒地(あれち)にしておいては神様の御気勘に叶わない」と言うて大根や葱(ねぎ)を植え人糞肥料をかけて汚してしまう。私が抜いておくとまた植える。こんな事ばかりしてちっとも思うように行かなかった。

 「よく訳をおっしゃって、理解してお貰いになりましたら、二代様も決してそんなこと遊ばさなかったではございますまいか」と言うのか……。それを云えば神様の御経綸に邪魔が入るではないか。

 悪魔のさやる世の中、おしゃべりの多い世の中だ。その地が神苑になるのだと分かればたちまち地所の価格も騰貴(とうき)するではないか。まだまだ次へ次へと買収して行かなければならないのだから、不如意(ふにょい)(注・貧乏の意)の大本の経済としてはこの点を十分考慮せねばならぬ。それだから、妻にも子にも誰にも云えないのである。

 また今の綾部小学校(注・現在の長生殿が建っているところ)の前の敷地には小松の苗を植えておいて、神苑の出来上がった頃移植する計画を立てておいたのだが、その頃は苗一本が三厘か、四厘しかせなかった。いよいよ神苑が出来上がって、植木が必要となった頃にはかなり大きくなっていて、一本も買わずに済んだのだが、私のこの胸中を知らぬ二代はまた「猫の額ほどの所へも食物を植えよと御神諭にあるのに、こんな松苗なんか植えといてはどもならぬ」と云うて抜いて捨ててしまう。私はまた植えてやる、また抜く。こうして二代と始終暗闘を続けたものだ。

 「そういう御戦いを、教祖様はどうお扱いになりましたか」と聞くのか。教祖様はいつも「先生のなさるままにしておけ」とおっしゃるのだけれど、二代が「それでも御神諭にはこういう風に出ています」と申し上げると「なるほどそうだな」と云われて、私に向かって怒られ、松苗をみな抜いてしまうようにと云われる。私は答えて「私は神様のおおせの通りにしているのです。貴女は知られないでも貴女の神様はよく知っておられます。聞いて来なはれ」と言うと教祖様は御神前に額(ぬか)づいて伺いを立てられ「神様は先生の思う通りにさしておけとおっしゃる」と云われ、それでおしまいになる。こんな事は度々あった。

初出:『神の国』大正15年(1926年)10月号

タイトル通り、厳霊と瑞霊の御用の違いの一例を述べたもので、瑞霊である王仁三郎の御用が、厳霊である出口直開祖や澄子教主に理解されずに困難な目に遭ったことが記されています。

似たようなエピソードは他にも沢山あります。
王仁三郎が大本入りして二年ほど経った明治34年(1901年)10月、開祖が弥仙山の社に籠もってしまうという出来事がありました。王仁三郎が大本を稲荷講社傘下の法人組織に改めようとしたことに立腹したからです。当時は自由に宗教活動が行えたわけではなく、認可されていない宗教は活動するなと言って警察が干渉して来ました。王仁三郎は静岡の長沢雄楯に相談して、長沢がトップを務める稲荷講社の傘下になることで、宗教活動を続けようと考えました。しかし艮の金神さんを他の神様の下に置く形になるため、開祖は立腹したのです。
このエピソードにも、厳と瑞の違いが現れています。

厳霊系の人は小細工せず実直に物事を進めて行くのでしょうけど、いざ妨害に遭ったら、先に進めなくなる可能性もあります。
瑞霊系の人は先のことまで考え、広い視野で物事を見つめていますが、それが厳霊系の人には理解できないので、結果、”暗闘”になってしまうのです。
役割の違い、観点の違いから、そうなってしまうわけですが、互いの役割の違いを受け入れることが、ミロクの世への鍵ということになると思います。


三鏡解説 目次


この記事は『霊界物語スーパーメールマガジン』2019年7月29日号の記事に加筆訂正したものです。(メルマガ登録ページはここをクリック


三鏡解説033 高姫と妖幻坊

Published / by 飯塚弘明
投稿:2020年10月06日

●水鏡「高姫と妖幻坊」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg033

 霊界物語中の高姫(たかひめ)は、凶党界の悪霊・妖幻坊(ようげんぼう)と長い間夫婦生活を続けておることが記されているが、どういうふうにその体的夫婦関係が持続せらるるというのか……。

 左様、簡単に言えば、精力素を奪取されているのである。そして高姫自身はそれを知らず、完全に夫婦関係が成立しているものと思っているのである。

 狐に誑(ば)かされている男が、美婦人と同棲しているつもりで暮らしていると、いつの間にか身体が弱り、虚脱に陥って、呆けてしまうという話、また蛇が若衆の姿に化けて毎夜、娘の閨(ねや)に通ったため、娘はだんだん身体(からだ)が弱り衰え、ついに死んで行くというような話がよくあるが、いずれも同じく、快感を覚えさせておいて精力素を奪取するのであるから、快楽を感じつつ弱って行って、ついには死亡してしまうことになるのである。

 人間の精力素を奪取した狐なり、狸なり、蛇なりは、それだけ人間化し、向上するわけだから喜んでいる。

初出:『神の国』大正15年(1926年)10月号

高姫と妖幻坊が夫婦になったのは、第49巻からです。

霊界物語最凶悪の高姫はいちおう人間ですが、妖幻坊は凶党界に所属する凶霊です。凶党界というのは「肉体的精霊の団体」とも呼ばれています。
●水鏡「凶党界」
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg084

凶党界は中有界(精霊界)の中でも、もっとも物質界(現界)に近い領域です。
ここに居る凶霊たちが、狐狸や蛇など妖魅に化けて物質界に出現し、人間に悪さをしているのです。

●霊界物語第50巻第1章「至善至悪」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=rm5001#a189

(略)精霊界は霊界・現界のまた中間に介在せりと云ってもいいくらいなものである。故に精霊界には自然的即ち肉体的精霊なるものが団体を作って、現界人を邪道に導かんとするものある事を知らねばならぬ。

肉体的精霊とは、色々の種類あれども、その形は人間に似て人間にあらざるあり、あるいは天狗あり、狐狸あり、大蛇あり、一種の妖魅ありて、暗黒なる現界に跋扈跳梁(ばっこちょうりょう)しつつあり。これらは地獄界にも非ず、一種の妖魅界または凶党界と称し、人間に譬うれば、いわゆる不浪の徒である。

彼らは人間の山窩(さんか)の群の如く、山の入口や川の堤や池の畔、墓場の附近等に群居し、暗冥にして頑固なる妄想家の虚を窺い、その人間が抱持せる欲望に附け入って虚隙(きょげき)を索(もと)めて入り来るものである。

この肉体的精霊=凶霊である妖幻坊は、「獅子・虎両性の妖怪」とも呼ばれています。
●第50巻第6章「玉茸」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=rm5006&mky=a080-a081#a080

そんな恐ろしい化け物と、高姫は夫婦になってしまったのです。
高姫は相手が化け物とは知りませんでした。妖幻坊が杢助(もくすけ)という人に化けて現れたのです。

杢助は時置師神(ときおかしのかみ)とも呼ばれています。三五教の宣伝使で、もともとはオノコロ島の「生田の森」の神館で活動していましたが、第49巻の時点では、フサの国の斎苑館(いそやかた)(スサノオの拠点)で総務(役員のこと)を務めています。初稚姫(はつわかひめ)(三五教の宣伝使)の父親です。

高姫は、フサの国の「祠(ほこら)の森」の聖場を訪れた時、杢助(に化けた妖幻坊)と出会い、そこで意気投合して夫婦となり、祠の森の聖場を乗っ取ろうとたくらみます。
●第49巻第12章「お客さん」
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=rm4912

一体どうやって人間の高姫と凶霊の妖幻坊とが夫婦生活を営むのか?という疑問を持った信者が王仁三郎に質問し、それに対する回答が、冒頭の教示です。
「精力素を奪取されている」と言うのですが、「精力素」とは「精力」とは少々異なるようです。

他のところでは、「精力素」の後ろに括弧して「エクトプラズム」と書いています。それは「精液の変形した」ものだと説明しています。

●玉鏡「霊媒は短命」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg723

 霊媒の物理的現象を起こす精力素(エクトプラズム)は精液の変形したるものである。そして外気にふるれば九分(くぶ)までは汚れてその精気を失うものであるから、再び身体にかえっても駄目である。ああした実験をたびたびやるのはよくない。生命(いのち)が短くなる。私はみな一通りやったが、この原理が分かったからやめたのだ。

エクトプラズムのことや、「ああした実験」のことは、シルバーバーチの人が書いた解説がこちら↓にあるので読んでください。写真も載っています。
●「エクトプラズムとは」(スピリチュアリズム普及会)
http://sp-phenomena.in.coocan.jp/part3/p3chapter1/p3c1-0B.htm


三鏡解説 目次