日別アーカイブ: 2020年10月2日

三鏡解説030 世の終末と立替え

Published / by 飯塚弘明
投稿:2020年10月02日

●水鏡「世の終末と立替え」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg030

 キリストの本当の教えが伝わらぬようになったとき。仏法においては釈迦の誠の教えが伝わらないようになったとき、それが世の終わりである。即ちキリスト精神の滅亡、仏法精神の滅亡を意味する。この時にあたって、本当の耶蘇教(やそきょう)、誠の仏法を起こすのが世の立替えである。

初出:『神の国』大正15年(1926年)9月号

本当のキリスト教、誠の仏法が、自分の教えである…と王仁三郎は言いたいのだと思います。

本当のキリスト教とは何か? 誠の仏法とは何か?
王仁三郎に言わせれば、その本質はみな同じです。
霊界物語第24巻総説で次のように説いています。
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=rm240002

「(略)すべての宗教の信者たるもの、本巻を一読されて大神の大御心を覚り、かつ信者たるものの軌範となし、真の日本魂(やまとだましい)を発揮されん事を希望する。キリスト教というも、仏教というも、神道というも、その真髄を窮(きわ)めてみれば、いずれも日本魂の別名にほかならぬのである」

では、その日本魂とは何か、ということになりますが、それはまた別のところで書きます。

たぶん、月鏡の255「現代の日本人」か
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg255

329「三摩地」
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg329

で書くことになると思います。


三鏡解説 目次