日別アーカイブ: 2020年9月23日

三鏡解説026 物忘れと無我の境地

Published / by 飯塚弘明
投稿:2020年09月23日

●水鏡「物忘れと無我の境地」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg026

 物を聞いてすぐ忘れてしまうとて、心配する人があるけれど、それはかえって結構な事である。善き事はみな血管に吸収されて霊の糧(かて)となるのであるから、これが真智となって必要な場合に現れて来るのである。

 覚えているような事はカスであって、それは神経系統の中に吸収されるのである。人間が浄化すれば浄化するほど、聞いたよい事は、ずんずん血液の中に吸収されて、意識の中に沈んで行く。

 かくて血液中に吸収されたるものは、必要の場合には現れて来るが、平素は出て来ない。これが無我の状態である。

初出:『神の国』大正15年(1926年)9月号

これはなかなか理解しがたいことを言っています。
聞いたことを忘れてしまっても、潜在意識(無意識)が覚えている…というのであれば、一般的に理解可能でしょう。
しかし、善きことは血管に吸収されて霊の糧になる…というのです! なんだか意味がよくわかりません。

これは「赤血球は霊である」ということと関係があると思われます。
血に関することをいくつかピックアップしてみました。

●水鏡「白血球と赤血球」
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg225
 白血球は体(たい)の養(よう)を司るものであり、赤血球には霊が充満している。また霊の交通運輸の役目もする。赤血球百に対して、白血球一の割合が普通である。二千対一くらいになると体が弱い。

●玉鏡「霊と血」
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg738
 霊は血液を機関としている事は毎度言う通りである。水死者などが死後数十時間を経過したる後、父母兄弟など身寄りの者の来る時は、鼻孔等より血液の流れ出づるものである。これは霊と霊との感応作用が起こるからである。

●玉鏡「血」
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg740
 血の色は心の色である。赤き心などと昔からいうが、赤血球は霊そのものであるというてもよい。
 心の変化はすぐ血の色に影響するもので、羞耻(しゅうち)の念が起こると一遍に顔色が赤くなり、心配事に遭遇すると蒼白色になる。そのたびごとに血液は色を変ずるのである。
 ふとした出来事より悪漢が善心に立ち帰るという事があるが、その時はパッと一度に血液が色を変ずるので、面(おもて)が輝いて来るのである。

このように、赤血球は霊そのものだというのです。
王仁三郎は「霊」を「ち」とも読ませていますが、それは赤血球が霊だからです。
これまた意味がよくわからないかも知れませんが、そういうものだと思って下さい。

「善き事はみな血管に吸収されて霊の糧になる」と一番最初に書いてありましたが、それはこの赤血球に吸収されるという意味だと思います。
科学的には「脳が記憶する」のですが、王仁三郎的には霊が記憶することになります。
ただしそれは外分的な知識ではなく、内分的なことだと思います。
外分の知識は、やはり脳が記憶するのではないかと思います。
内分とは、霊徳というか、智慧証覚というか、霊格を高めるようなものです。
脳ではなく、霊が吸収して覚えているので、死んで肉体が滅びても、そのまま霊が覚え続けているわけです。


三鏡解説 目次


この記事は『霊界物語スーパーメールマガジン』2019年7月18日号の記事に加筆訂正したものです。(メルマガ登録ページはここをクリック