日別アーカイブ: 2020年9月19日

三鏡解説022 小さいタンポポ

Published / by 飯塚弘明
投稿:2020年09月19日

●水鏡「小さいタンポポ」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg022

 大正十年二月の頃、皆の知っている通り私は京都監獄におった。

 ある日の散歩に、枯草の中に咲いている一輪のタンポポを見出した。

 ああ、その一輪の花。それによって私はどのくらい慰められたか分からなかった。

 何という愛らしい花であろう。冬の寒い長い間、百草(ももぐさ)も枯れて何もないように見えるこの花が、春の光を浴びると、眠った如く見えた根からは青い芽が出で、葉が伸び、やがてはあの豊醇な乳を持った美しい、黄色や白い花が咲くのである。

 何だか私の境遇に似ているようである。

 私は思うた。たとえこの度のことによって大本が潰れたとて、五十七才になったらまた元の六畳敷から初めよう。教祖様は五十七才にして初めて立たれたのだから……。

 かく、この一輪の花によって慰められつつ、日を送っているうち、やがて春の最中になって、そこら一面タンポポの花をもって埋(うづ)めらるるようになって来た。何らの慰めをも持たぬ囚人たちは、いかにこの花によって慰められたことであろう。朝(あした)に夕(ゆうべ)に花は囚人の唯一の愛の対象物であった。

 しかるに、心なき園丁(えんてい)は掃除をするのだと言って、みな、この花を引きむしってしまった。

初出:『神の国』大正15年(1926年)6月号

これは王仁三郎が第一次大本事件で収監された時の思い出です。
大正10年(1921年)2月12日、王仁三郎は検挙され、京都監獄に収監されました。容疑は不敬罪及び新聞紙法違反です。

京都監獄とは、今の京都刑務所(山科区東野井ノ上町)のことです。昭和2年に現在地(京都市街地の東端)に移転しましたが、それ以前は市街地の真ん中、二条城の西側(上京区主税町の辺り)にありました。
大正10年時点では「京都監獄」という名称ですが、翌年の大正11年10月に「京都刑務所」に改称されています。

監獄(刑務所)に収監されたというと、あたかも犯罪者のような印象を持ってしまいますが、厳密に言うと監獄ではなく、監獄に併設されている未決監(みけつかん)です。
未決監とは今の拘置所のことで、刑が確定する前の容疑者・被告人を収容しておく施設です。ですから無罪の人もいるのです。(現在でも各地の刑務所に拘置施設として「拘置支所」が併設されています)

王仁三郎は第一次大本事件では7ヶ月強(大正10年2月12日~6月17日の126日間と、大正13年7月27日~11月1日の98日間)、第二次大本事件では6年8ヶ月(昭和10年12月8日~17年8月7日)収監されていましたが、全て未決囚として未決監に収監されていました。
王仁三郎が刑罰を受けて罪人として収監されたことは一度もありません。受刑囚ではなく、あくまでも裁判中の未決囚です。
罪が確定していない未決囚とはいえ、実質的に罪人扱いされ、自由を剥奪されるのですから、苦しい毎日だったと思います。

「教祖様は五十七才にして初めて立たれた」とは、天保7年12月16日(西暦1837年1月22日)生まれの出口直に、艮の金神が懸かった明治25年(1892年)1月30日(旧元日)が、数え年で57歳(天保7年=1836年から数える)だという意味です。
満年齢だと、あと8日で55歳になります。
今の55歳はまだまだ若いですが、当時は平均寿命が55歳くらいの時代です。ですから今の70代くらいの感じでしょうか。かなりの高齢です。そんな高齢にもかかわらず、神様の御用に仕えるため立ち上がったのです。

大正10年(1921年)2月12日に収監された時、明治4年(1871年)7月12日(新暦8月27日)生まれの王仁三郎は、数えで51歳、満年齢だと49歳5ヶ月半です。
寒い冬にも負けない一輪のタンポポを見て、自分も大本事件で潰されたとしても、57歳から再びやり直そう…と王仁三郎は思ったわけですが、とてもエネルギッシュです。
現代なら、たとえば70歳で冤罪で捕まり、今まで築き上げて来た事業を国家権力やマスコミに潰されて、それでも『人生まだまだこれから』と思えるかどうか。
私は……そもそも潰されたくないですね。
いや、しかし、そんな、大きな運命の波から逃げるような気持ちでは、大事業を成し遂げることは出来ないのでしょう。

ところで「タンポポ」の文字ですが、このブログでは読みやすいように片仮名で「タンポポ」に変えてしまいましたが、原文では漢字で「蒲公英(たんぽぽ)」になっています。

あまり見かけない文字ですが、調べてみると、これは中国語の「蒲公英」にタンポポという言葉を当てた当て字です。開花前のタンポポを漢方で「蒲公英(ほこうえい)」と呼ぶそうです。
●語源由来辞典
http://gogen-allguide.com/ta/tanpopo.html


三鏡解説 目次