作成者別アーカイブ: 飯塚弘明

新企画 一人読書会『超訳 霊界物語』を読む!

Published / by 飯塚弘明
投稿:2021年09月22日

ユーチューブに新企画の動画をアップしました。

飯塚弘明が語る一人読書会『超訳 霊界物語』を読む!

第1回目は「出版に至るまでの経緯」です。

動画と言ってもいつものように、基本的には音声だけです。

このシリーズも「朗読日記」同様、不定期でアップして行きます。

AIで霊界物語を要約してみました!

Published / by 飯塚弘明
投稿:2021年08月27日

東大発ベンチャー企業が「どんな文章でも3行に要約するAI」を開発したというので早速霊界物語で試してみました。
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2108/26/news134.html

その企業とは東京大学・松尾豊研究室発のAIベンチャーで「ELYZA(イライザ)」という会社です。
要約の正確性は「人間に匹敵する」そうで、霊界物語でも要約できるのか、デモサイト↓↓↓を使ってみました。
https://www.digest.elyza.ai/

まずは第1巻第1章「霊山修業」。
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=rm0101

ルビ無しの本文をコピペして要約したら、次のようになりました。

高熊山には古来、一つの謎が遺つてをる。三ツ葉躑躅のその下に、黄金の鶏小判千両埋けおいたという歌がある。三ツ葉躑躅とは、三つの御霊、瑞霊の意である。

なるほどー。
それなりに精度の高い要約かも知れませんね。

では次に、もう少し複雑な文章で試してみましょう。
第12巻第28章「三柱の貴子」です。古事記略解の一部です。
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=rm1228

三貴神が生まれ、イザナギがスサノオに海原を治めよと命じ、しかしスサノオが統治できずに泣いているためイザナギが追放した場面の言霊解です。
次のように要約されました。

天照大御神の「眼目」について、神代の太古、伊邪那岐命よりお産れ遊ばした天照大御神を紹介。左の目を洗うのが日の大神、右の目を洗うのが月読命、という説がある。月読命は、天照大御神を扶けて宇宙の経綸に当れと仰せられた。

う~~~ん、これはちょっと・・・・・・。
なぜか前半しか要約されていません。後半は完全無視です。
それに、アマテラス、ツキヨミだけで、スサノオは完全無視しています。

AIにはまだまだ霊界物語が理解できないようです。(^_^;

Podcast始めました

Published / by 飯塚弘明
投稿:2021年08月18日

Youtubeに霊界物語の朗読音声をアップしていますが、同じものをPodcast(ポッドキャスト)でも配信することにしました。
Youtubeは動画ですが、Podcastは音声だけです。
次の3ヶ所で配信しています。

パソコンでも聞けますが、スマホやタブレットのアプリでも聞けます。「霊界物語」や「飯塚弘明」というキーワードで検索すると出て来ます。

朗読した音声データなので、YoutubeでもPodcastでも一緒ですけど、データ容量が全く異なります。Youtubeは動画に変換してからアップしているので、容量が大きくなってしまいます。
Podcastの方が推定30分の1くらいの容量なので、ギガを節約したい方にはおすすめです。

YoutubeもPodcastも基本的にはオンラインで聞くようになっていますが、MP3ならオフラインでも聞けます。
MP3版のダウンロードはこちらから。
霊界物語の音読まとめサイト

7/22(木・祝)世界KOTOTAMAフェス開催

Published / by 飯塚弘明
投稿:2021年06月30日

7月22日(木・祝)に「世界KOTOTAMAフェス」というイベントが琵琶湖畔の「水茎の岡」で開催されます。
出口王仁三郎が27歳の時、大石凝真素美に伴われてこの岡に登り、湖面に水茎文字が浮かんでいるのを目撃したという、神縁ある岡です。

水茎の岡で祭典を行い、場所を移動して、講演会が開かれます。
私も講師として言霊学の講演します。

以前から予告していた、言霊学の資料集も、この日に発表されます。
王仁三郎の言霊学に関する教示を一つにまとめた史上初の言霊学資料集です。
全部で600頁を超える本格的なものです。

Zoomを使ってリモートで参加できますので、興味のある方はぜひご参加下さい。

詳細はこちらからどうぞ。
  ↓  ↓  ↓
https://mekiki.sukumane.biz/sukumane/event/detail/601