投稿者「飯塚弘明」のアーカイブ

三鏡解説427 同殿同床の儀

Published / by 飯塚弘明
投稿:2022年09月19日

●月鏡「同殿同床の儀」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg427

その昔、御神殿というものは、同殿同床(どうでんどうしょう)の本義に則って、屋内に設けられたもので、今日の如く別殿とするのは唐制を模倣してから以後のことである。

このたび開祖様の御像を本宮山上、穹天閣(きゅうてんかく)の私の室(しつ)にお祭りして、私はそこで寝る。これで古来の通り、同殿同床となってはなはだ愉快である。二代の室は次の間にある。

初出:『神の国』昭和5年(1930年)5月号

同殿同床は、同床共殿(どうしゅうきょうでん)とか同殿共床などとも呼ばれます。
神様を家の中に祭り、そこで神と人とが寝起きを共にすることです。

古代、この同殿同床が廃止されたことは、現代に至る社会悪化の原因の一つであり、これを復活させることが五六七神政成就に繋がります。

霊界物語第5巻には、太古の神代に、聖地エルサレムで同殿同床が廃止されたことが記されています。国祖が隠退し、大洪水が起きる前の出来事です。

●霊界物語第5巻第1章「栄華の夢」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=rm0501&mky=a040-a044#a040

聖地はすでに神霊を宮殿より分離し、橄欖山(かんらんざん)に形ばかりの神殿を建てたるに倣い、各地の八王八頭(やつおう やつがしら)もその宮殿より国魂を分離して、山上または渓間に形ばかりの神殿を造り、祭祀の道を怠った。

また記紀には、第10代の崇神天皇の御代に、同殿同床が廃止されたことが記されています。
それまでは天照大神と倭大国魂神(やまとのおおくにたまのかみ)の二柱を宮中にお祭りしていました。ところが崇神天皇は両神の神威を畏れ、同じ場所に住むのを止めて、両神を宮中の外に祭るようになった──ということが、日本書紀の崇神天皇6年の項に書いてあります。

その後、天照大神は近畿地方を転々として最終的に伊勢の地に、倭大国魂神は大和(おおやまと)神社(天理市)に祭られることになりました。

崇神天皇が行った【同殿同床の廃止】と【租税徴収の開始】は、和光同塵(わこうどうじん)の政策だと王仁三郎は述べています。
五六七の世までの一時的な措置ということです。
つまりその和光同塵の政策を廃止することが五六七の世に繋がるわけです。
詳しくは「世界大家族制とベーシックインカム(4)崇神天皇から租税制度が始まった」をお読み下さい。

大本の信者は主神(大天主太神)を家の中に奉斎しますが、それも同殿同床です。

家の外に祠を建てたりして神様を祭るのではなく、家の中に神様を祭ることが同殿同床ですが、しかしそれは形式上のことであって、より本質的には、神と共に生きる、ということが同殿同床ということになると思います。

家の中に神様を祭って、そこで寝起きしたって、神様を身近に感じない人だっています。
あるいは、神様を拝んでいたって、その神棚の小さなお宮の中だけに神様がいるんだと思う人もいます。
それでは信仰が稚拙だと言わざるを得ません。

神棚とか神社にだけ神様がいるわけではありません。
そこは聖域であって、神様とコンタクトしやすい場所だというだけで、実際には神様はどこにでもいるわけです。
究極的には、この宇宙全てが神です。

神は常にここにいる、神は吾と共にあり、という意識で生活することが、同殿同床の本質的な意義であると思います。
別な表現をすると【自分の中に神を祭る】ことです。

形だけ、家の中に神様を祭ったって、ただそれだけでは何でもありません。
常に神と共にいる、という感覚を持つことが出来るようになるために、神様を家に祭り、毎日祝詞を上げるのです。

究極的には神棚も神殿も必要なく、【自分の中に神を祭る】ことです。
そうすれば形が無いのですから、宗教間の相違から生じる下らぬ争いがなくなります。王仁三郎が「みろくの世には宗教は不要になる」と説いた、その世界へ近づくわけです。


三鏡解説 目次


(この記事は『霊界物語スーパーメールマガジン』2021年4月19日号に掲載した文章をもとに加筆訂正したものです)


三鏡解説574 世は持ち切りにさせぬ

Published / by 飯塚弘明
投稿:2022年09月11日

●玉鏡「世は持ち切りにさせぬ」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg574

地球一日の傾斜を小傾斜と言い、一年の傾斜を中傾斜と言い、六十年振りの傾斜を大傾斜と言い、三千六百年振りのを大々々傾斜と言う。この大々々傾斜の大変化の影響をうけて、気候が変わる。

従ってすべてのものが変わって来るので、寒いところが暑く、暑いところが寒くなって世が変わるのである。神諭に「世は持ち切りには致させんぞよ」とあるのはこの意味である。

初出:『神の国』昭和6年(1931年)5月号

前半の傾斜云々というのは、神示の宇宙論による説明です。
神から見た地球は球ではなく平面で、自転も公転もせず、大地の傾斜運動によって天の星々が動いているように見える、という王仁三郎の独特な宇宙論です。
その宇宙論によると、宇宙には期間が異なる複数の周期があり、大規模な周期の影響によって近未来に天変地異が起きて、地上の気候が変化する、というわけです。
神示の宇宙論についてはここでは詳しく説明しません。霊界物語第4巻の第46~50章を読んで下さい。

「世は持ち切りには致させんぞよ」というフレーズは大本神諭に何度も出て来ます。印象に残るフレーズの一つです。

「万古末代(まんごまつだい)世は持切りには致させんぞよ」〔明治31年旧12月26日〕
「世は持ちきりには致されんから、良かりた人民悪くなるぞよ」〔明治36年旧12月10日〕
「世は持切りには致させんぞよ。上下(うえした)へ転倒(かえす)ぞよ」〔明治33年旧8月8日〕
「従来(これまで)に仕放題にして居りた守護神は、大分辛いなれど世は持ち切りには致させんぞよ」〔明治41年旧10月15日〕

などです。
「持ち切り」という言葉は日常的にはあまり使いませんが、次のような意味です。

「終始そのもの、またはその状態で継続すること」〔広辞苑〕

つまり「持ち切りには致させんぞよ」とは、「このままにはしておかない」という意味です。

人類社会自体もそうですし、地球環境自体もそうです。
今までのようには行かないのです。

今まで良い生活をしていた人は悪い生活に転落したり、我を張ってやりたい放題していた人は我を折って我慢せざるを得なくなります。
大本神諭は明治時代に発せられたものですが、それから百年以上経ちました。社会も自然もかなり変化しましたね。

地球温暖化などと騒いでいますが、そんなのは小さな出来事です。それは大規模な天変地異へのプロセスに過ぎません。
新型コロナによる社会の変化もそのプロセスです。

徳川三百年の天下が終わって明治時代になり、大日本帝国が崩壊し、世界トップの経済大国となり、バブルがはじけ、コロナ禍となり…というように、社会は常に変化し続けています。
「世は持ち切りには致させん」という国祖の宣言の実現です。

過去のやり方や習慣、価値観にとらわれず、五六七の世へ向かって未来を創って行かねばなりません。


三鏡解説 目次


(この記事は『霊界物語スーパーメールマガジン』2021年8月9日号に掲載した文章をもとに加筆訂正したものです)


三鏡解説268 犠牲

Published / by 飯塚弘明
投稿:2022年08月31日

●月鏡「犠牲」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg268

既成宗教は、犠牲ということを推奨して最高の道義的行為なりとしておるが、犠牲即ちイケニエなるものは、実は正しいことではないのである。
身を殺して仁(じん)をなすなど、己れを捨てて人を助くることは実際でき得るものではない。

教育勅語に、恭倹(きょうけん)己れを持し、博愛 衆に及ぼすと宣らせられ給うている如く、人は神の子、神の生宮(いきみや)で、言い換ゆれば人は神であるから、神を敬う如く人を敬い、また己れを敬うのが本当である。
自分を全うせずして人を助くることはできないではないか。

神であっても、犠牲を喜ぶような神は正しい神ではない。日本の神様は決して犠牲を喜ばれない。

初出:『神の国』昭和4年(1929年)2月号

自分を犠牲にして他人のために働くというのは、とても美しい行為のように思えますが、実は神様から見たら正しいことではないというのです。

身を捨ててはいけない、ということで、舎身活躍(第37~48巻の輯題)の舎身も捨身(身を捨てる)ではなく舎身という造語を使っています。

 ここにいう舎(しゃ)は家であって、衣食住の完備して一家の斉(ととの)うたる意義である。そこで舎身活躍とは、他の厄介にならず独立独歩して活動するということであって、身を捨てて活躍するという意味ではないのである。

なお約(つづ)めて言えば、軍人には軍人の服装があり、農家には農家の服装ある如く、軍人は軍人らしく農家は農家らしく、商人は商人らしく、労働者は労働者らしく、それぞれ、それらしき身の構えをして活動するということである。

●月鏡「舎身活躍」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg272

教育勅語の「恭倹(きょうけん)己れを持し、博愛 衆に及ぼす」というのは、文語体なので難解ですが、昭和15年の文部省訳によると「へりくだって気随気儘の振舞いをせず、人々に対して慈愛を及すようにし」という意味です。
https://ja.wikibooks.org/wiki/%E6%95%99%E8%82%B2%E5%8B%85%E8%AA%9E

王仁三郎はこの文の「おのれを持す」つまり、身を保つ、ということを強調したいのではないかと思います。
他人を敬い、自分をも敬うのが正しい生き方であって、他人のために自分を犠牲にしてはいけないということです。

それは、そもそも自分の肉体は自分のモノではなく、神様からの借り物・預かり物だからです。
ですから、自殺ということは、神に対する大きな罪になります。
また、自分の霊魂も、神様の一霊四魂の分霊ですので、粗末にしてはいけません。

自分を犠牲にすることが問題ならば、他人に犠牲を強いることはもっと問題です。
霊界物語に、人間に生贄を要求する神が何度か出ます。
たとえば第3巻の荒河の宮のエピソード。
毎年この地方(南高山)の人々を生贄として捧げさせ、万一それを怠った時にはこの地方一帯に暴風が吹き起こり猛雨が降り注ぎ、大洪水を起こして人々を苦しめるという暴悪な神です。
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=rm0333

大道別がそれを退治しますが「そもそも神たるもの犠牲をたてまつらざれば、怒りて神人を苦しますべき理由あるべからず。これまったく邪神の所為ならん」と大道別は語っています。
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=rm0334

人民を脅迫して金品を出させるような神は、暴力団がみかじめ料を要求するのと一緒で、ろくな奴ではないのです。
人間に苦痛を強いさせたり、対価を要求するような神は悪神です。
「先祖の霊が祟っているから護摩を焚いて祓ってあげよう。祈祷料で100万円必要だ」なんていうのも、その一例です。
統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の霊感商法が大きな社会問題になっていますが、霊感商法は悪神の業であることは言うまでもありません。

真の神は、人間が何もしなくても、大きな恵みを与えて下さっています。
ただ人間がそのことに気がつかないだけです。

この月鏡の教示では「犠牲」という言葉を否定的に使っていますが、必ずしも「犠牲」が悪いわけではありません。
王仁三郎は「犠牲」を肯定的にも使っています。
たとえば、

謝恩の念があって始めて犠牲心が起こり没我心が起こるのだ。(略)自分を犠牲にすること、自己を没却すること、この二つのものは神道の教義の教うるところであって、親が子を愛し子が親に孝を尽すのは、人間自然惟神の慣性であり常道である。
●月鏡「謝恩と犠牲心」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg254

なんてことも言っています。
犠牲(ぎせい)が悪いのではなく、イケニエが悪いのです。
要するに、嫌々ながら犠牲になるのか、喜んで犠牲になるのかの違いです。

親が子のために、自分を犠牲にして働く、それは子の笑顔を見たくて、喜んで働いているのなら、何も問題はないのです。
もし親が子に「おまえのために身を削ってこんなに働いているのに、どうして言うことを聞かないんだ!」などと、恩着せがましいことを言うのであれば、それは嫌々ながら働いているのです。自分をイケニエにしちゃっているのです。

宗教団体や慈善団体に寄付をする時も、「こんな大金出したくないな~」と痛みを感じるようであれば、寄付するのをやめた方がいいでしょう。
喜捨(きしゃ)、つまり喜んで捨てるということでなくてはいけません。


三鏡解説 目次


(この記事は『霊界物語スーパーメールマガジン』2020年6月15日号に掲載した文章をもとに加筆訂正したものです)


三鏡解説256 霊止と人間

Published / by 飯塚弘明
投稿:2022年08月30日

●月鏡「霊止と人間」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg256

人は霊止(ひと)であって、天地経綸の司宰者であるが、人間は天地の経綸を行うことはできない。人間は天地経綸の一機関である。

初出:『神の国』昭和4年(1929年)1月号

この教示は人(霊止)と人間の違いです。

まず人ですが、王仁三郎は、神の霊が止(とど)まるところがヒト(人、霊止)であると説きました。

大正15年(1926年)4月、人類愛善会の第一回総会での講演の中で、王仁三郎は次のように教えています。

…人類愛善会というのは、総ての人間を人間が愛するように聞こえております。総ての人類は同じ神の子であるから、総て愛せねばならぬという意味になっておりますが、それはそれに違いないけれども、人類という字を使ったのは、下に「愛善」がありますから、上の「人類」の意味が変わって来る。単に「人類」とだけ言えば世界一般の人類あるいは人間の事であり、色々の人種を総称して人類というのである。

しかし日本の言霊の上から言えば、「人」は「ヒト」と読みて、ヒは霊であり、トは止(とどま)るという事である。そうして「人」という字は左を上に右を下にして、霊主体従、陰と陽とが一つになっておる。神というものは無形のものであるが、しかし神様が地上に降って総ての経綸を地上の人類に伝える時には、止(とど)まるところの肉体が必要であります。それで神の直接内流を受けるところの予言者とか総てそういう機関が必要なのでありまして、この霊(ひ)(神)の止(とど)まるのが人(ヒト)である。

それは神の顕現、神の表現として釈迦とかキリストとか、そういう聖人が現われて来ておる。人間というものは、善悪混淆(こんこう)した普通のものであるが、人というと神の止(とど)まる者、神の代表者である。それに類するというのであるから、それに倣(なら)うのである。

初出:『神の国』大正15年(1926年)5月号
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=B121801c49

神霊が宿って、神の経綸を実行する存在が、人(ヒト、霊止)だというのです。

これは端的に言えば、王仁三郎のような特別な役割を持った人だけが「霊止」だということになります。
しかし私たち全員が、そうなれるように目指すべき方向であります。

私たち凡人は、今は霊止ではなく、人間ですが、その人間とは何かというと、霊止と動物の中間的存在です。
月鏡のもう少し後ろの方で、王仁三郎は次のように述べています。

●月鏡「人間という問題」
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg299

大本は、人は神の子、神の宮と唱えている。また神は万物普遍の霊にして、人は天地経綸の司宰なり、神人(しんじん)合一して、ここに無限の権力を発揮すとか、また人は天界の基礎なり、天国は昇りやすく、地獄は堕ち難しと言っておるのは、普通一般のいわゆる人間ではない。人間界を超越した神の御用に立つところの神柱(かむばしら)のヒト(霊止(ひと))を指したものである。人と獣ととの中間に彷徨しておる縦ハナ横眼の者をさして人間と称しての、この論旨であると考えてもらいたい。

なるほど。
神様の御用に立つ神柱が霊止であって、それはやはり全ての人間が目指すべき目標です。

なお、「人」と「人間」という言葉を、王仁三郎は厳密に使い分けているわけではありません。
あくまでも、サルの延長線上にある現代の人間と、神様が意図した本来あるべき姿(霊止)との違いを説明するためのレトリックとして、人(霊止)と人間という言葉を用いているのだと思って下さい。

霊界物語や三鏡などの他の箇所で「人」という言葉が出て来ても、「霊止」の意味とは限りませんので御注意を。


三鏡解説 目次


(この記事は『霊界物語スーパーメールマガジン』2020年6月1日号に掲載した文章をもとに加筆訂正したものです)