宗教の統一、道義的・精神的な世界統一

投稿:2017年06月25日

天下の統一は、天下を統一しようという野望を持った人によって成し遂げられます。
信長・秀吉・家康が天下統一の野望を持たなかったら、日本列島には小国が乱立していたことでしょう。

実は統一というのは、庶民にとっては非常に迷惑な話です。
多かれ少なかれ文化・風習の変化を余儀なくされますので、メリットがなければ、統一に「反対」する人が大多数だと思います。
外国に行く機会があると『このケータイが外国でも使えたら便利なのに…』とか、統一の必要性を感じたりするのですが、日常生活の中では外国と関わることはありませんので、統一の必要性は感じないことでしょう。

おそらく王仁三郎の時代には──今から100年も前の明治~大正~昭和初期には、王仁三郎がいくら「世界統一」を唱えたって、ピンと来る人は少なかったと思いますよ。
あまりにも話が突飛すぎて、ついて行けない人が多かったと思います。

しかし現代は交通・通信網が発達し、外国と関わりなしに生きていくことは出来なくなっています。
そこら中どこにでも外人がいるし。
インターネットを使えば世界中から情報が入るし買い物できるし。
法律が世界共通にならないと、いろいろな不具合がたくさん出て来ます。
戦争や環境問題に限らず、庶民が世界統一ということにコミットしやすい時代になって来たと思います。
今や「世界統一」という言葉は、天下人を目指す人だけのものではなくなって来たのです。

この世界統一について、制度や組織の統一の前に、精神的・道義的な統一を先にやらなくてはいけない…という意味のことを王仁三郎が言っていることは、前回書きました。→世界を統一する「奥の大勢力」とは?
外面の統一の前にまず内面の統一、ということです。「霊主体従」の法則です。

それを王仁三郎は、一貫してやり続けて来たのです。

たとえば入蒙記では、関東大震災(大正12年)以降の自分の活動を振り返り、

…奮起すべきは今なり。…支那五大教の提携となり、朝鮮普天教(ふてんきょう)との提携となり、国際語エスペラントの宣伝となり、精神的世界統一の一歩を走り出した。
入蒙記第3章

と述べています。
この精神的・道義的統一は、王仁三郎の使命というばかりでなく、天皇の使命・日本国家の使命としても唱道しています。

…皇国は世界を道義的に統一すべき、神明の国であって、決して体主霊従的の経綸の如く、征服とか占領とかの、無法横暴を為す事を許さぬ神国である。
第10巻第30章

…わが天津日嗣天皇が豊葦原の瑞穂国(全地球上)を道義的に統一せらるる機運は今や刻々に進みつつあるのである。
『惟神の道』所収「難局打開の鍵」

このように、王仁三郎が言う世界統一は、世界政府の樹立というような制度的・組織的な統一よりも、精神的・道義的統一に重心が置かれているのです。敵愾心を取り除いて、内面的に和合して行こうということです。

また王仁三郎は「宗教の統一」という表現も使っています。

…三千世界に共通の 真の文明を完成し 世界雑多の宗教や 凡ての教義を統一し 崇高至上の道徳を 不言実行体現し…
第28巻総説歌

…健全なる信仰を復活せしめ、やがて世界の宗教統一を実現すべき使命は、どうあっても、わが日本にあらねばならぬ。
『出口王仁三郎全集 第1巻』所収「信仰の堕落」

王仁三郎はこの「宗教統一」を行った人でもあります。
「世界宗教連合会」を結成し、業界団体を作るという形で「統一」を進めたということの他に、教義・教理の統一も進めました。

王仁三郎の教えには、神道や仏教はもちろん、キリスト教やバハイ教やスエデンボルグなど、いろいろな宗教思想が取り入れられています。
このような形態を「宗教のデパート」と表現する学者がいます。第二次大戦後の新興宗教では、デパート状態の宗教は珍しくありませんが、明治~大正期の新興宗教としては、珍しかったのではないでしょうか。天理教も金光教もデパートではありません。宗教のデパートは王仁三郎が元祖ではないかと思います。
王仁三郎は単に諸宗教の要素を取り入れただけではなく、釈迦もキリストもみなスサノオの分霊だと言ってのけました。〔第6巻第23章「諸教同根」参照〕
大戦後はこれを「万教同根」と表現します。つまり諸宗教はみな同じ一つの神から発生していると説いたのです。
こういう形で王仁三郎は宗教の統一を進めました。教義・教理面での統一です。それまで個々別々に無関係に存在していた世界の宗教を、一つの大きな風呂敷に包み込むことで、宗教界・精神界に新しい視野をもたらしたのです。

しかし、教義・教理において諸宗教を「統一」したと言っても、そういう考え自体が一つの宗教に過ぎません。王仁三郎(大本)という名の一つの宗教なのであって、その下に諸宗教が組み込まれたわけではありません。
個々別々だった諸宗教を一つに繋ぐ見方を提示しただけであって、それに賛同する人もいれば、賛同しない人もいるわけです。既成宗教の信者さんはおそらく誰もそんな思想に賛同しないでしょうねえ。日本では新興宗教、欧米ではニューエイジムーブメントという形で、そういうデパート的な思想が広まって行きましたが、それによって既成宗教が消滅したわけではありません。健在です。
真に諸宗教を一つにして行くためには、業界団体を作るとか、教義・教理の統一とか、そういう表層面だけではなく、もっと別のアプローチも必要となります。
それは、宗教の共通項を見出し、普遍的な原理を探究するということです。

王仁三郎は大戦後の昭和21年に、大本を「愛善苑」という名称で新しくスタートさせました。
その会則の第一条には次のように書いてあります。

   第一条
本会ハ天地ノ公道万教ノ根本義ヲ究明シ宗教的信念情操ヲ涵養シテ人類愛善ノ大義ヲ実践普及シ以テ世界ノ平和ト福祉ノタメニ貢献スルヲ目的トス
愛善苑会則

「天地ノ公道」とは即ち宇宙の真理・法則であり、「万教ノ根本義」とは即ち諸宗教の普遍的な原理ということです。それを「究明」することを、会則の筆頭に掲げたのです。
イエス・キリストがスサノオの分霊だなんて、クリスチャンは断じて認めませんが、人類愛が大切だということは当然ながら認めるでしょう。
そういう、宗教に普遍的に共通する原理・法則を見出して、それによって一つに繋がって行こうというのです。
それによって王仁三郎は、世界の宗教の統一、道義的・精神的な世界統一を果たそうとしたのです。

しかし王仁三郎の雛型神業はここまでです。
昭和23年1月19日に王仁三郎は昇天し、その神業は完了しました。
それ以後は、実地の世界で統一が進められて行きます。

(続く)