高姫は「信仰の試金石」

投稿:2016年04月03日

霊界物語のちょっと気になる言葉です。

第50巻第1章「至善至悪」より

(高姫の存在は)大本の神示によれば、神の御心にして、善と悪との立別けを示し、信仰の試金石と現はし給ふものたることを感謝せなくてはならぬ。

ご注意:全体の一部分を抜き書きしているだけですので、前後の文脈を知りたいときは原文を直接読んで下さい。また、意味は一つだけはありません。いろいろな角度から考えてみて下さい。