マラリアは死霊の業

投稿:2016年03月27日

霊界物語のちょっと気になる言葉です。

第43巻第18章『石室』より

伊太公『瘧(おこり)(注・マラリアのこと)はみな死霊の業だ。谷川へ陥ったり、池や沼に落ち込んだ奴の亡霊が憑依するのだ。硫黄温泉でもあれば、そこへ突っ込んでやればすぐ退散するのだけれど、困ったところで瘧(おこり)をふるったものだわい』

ご注意:全体の一部分を抜き書きしているだけですので、前後の文脈を知りたいときは原文を直接読んで下さい。また、意味は一つだけはありません。いろいろな角度から考えてみて下さい。