伝記地図(1)亀岡~綾部の概観

投稿:2017年09月28日

出口王仁三郎の伝記によく出て来る地名がどの辺りにあるのか、地図にプロットしてみました。

霊界物語第37~38巻は王仁三郎の前半生の自叙伝になっており、現在メルマガの方に「王仁三郎の人生から教訓を得よう」ということでその第37~38巻を元に連載しているのですが、その自叙伝をよく理解するために、地図を作ってみた次第です。
前回の「西は半国 東は愛宕 南妙見 北帝釈……の帝釈とは?」も同様の意図です。

さて、まずは亀岡~綾部の間の概観です。(クリックすると大きな画像が開きます)

亀岡~綾部の概観

王仁三郎の郷里「穴太(あなお)」の北の方にある「八木(やぎ)」は、出口ナオの三女・久子が住んでいた場所で、王仁三郎と久子が邂逅した「虎天堰(とらてんいね)」と呼ぶ大きな堰(いせき)があります。(写真

 ○霊界物語 第37巻第21章「参綾」(虎天関と書いてあります)
 ○大地の母 第5巻 開祖初会(寅天堰と書いてあります)

八木の北西にある「園部(そのべ)」は、王仁三郎のいとこで獣医の井上直吉が住んでおり、王仁三郎が22~3歳の頃(明治26~7年)井上の書生となって獣医学を学んでいました。仕事をしていた牧場のすぐ隣りに南陽寺というお寺があり、そこに逗留していた国学者・岡田惟平から和歌の道や歌祭りを学んだ重要な場所です。

 ○本教創世記 第一章
 ○飯塚弘明.com 「王仁三郎の和歌の師匠・岡田惟平の略歴

ずっっと飛んで、綾部の西の福知山は、出口ナオが生まれた所です。16歳(数え年だと17歳)で綾部の叔母の養女となり移住しました。

その上(北)の元伊勢内宮皇大神社は、明治34年(1901年)に「元伊勢お水の御用」と呼ばれる御神業が行われた場所です。

 ○霊界物語 第38巻第20章「元伊勢」

丹波地方には元伊勢以外に元出雲もあります。亀岡市内の「出雲大神宮」です。
王仁三郎において出雲は重要な地ですが、しかし出雲大神宮(当時は出雲神社と称していた)の話は全く出て来ません。参拝したという記録はあるのですが。
丹波国一宮で有名な神社なはずですけど、王仁三郎の宗教思想上はそれほど重要ではないようです。

桂川と由良川

亀岡市内も綾部市内も、かなり幅の広い川が流れています。
亀岡の方は桂川(かつらがわ)、綾部の方は由良川(ゆらがわ)です。
電車(山陰線)に乗っていると、亀岡近辺でも綾部近辺でも川が見えるので、同じ川なのかなと思ってしまうのですが、全く別の川です。

上の地図ではよく見えませんが、桂川は亀岡市内から京都市内を通り、南下して、鴨川や宇治川や木津川と合流して淀川と名を変え、大阪湾(瀬戸内海)に注ぎます。

由良川は、福知山市内で向きを変え、国道175号線沿いに北上して、舞鶴湾(日本海)に注ぎます。

川は地域によって名前を変えますが、桂川は亀岡市内では「大井川(おおいがわ)」、愛宕山の麓では「保津川(ほづがわ)」、京都の嵐山を通り、「桂川」となります。
しかし名前が変わると不便な面もあるので、現在は行政上は「桂川」に統一しているようです。だから地図上も桂川です。
現在地元では何と呼ばれているのかは分かりませんが、王仁三郎の文献では亀岡市内は「大井川」とか「大堰川」と書かれています。

一方、由良川は、上流部分は(和知の辺りから)「和知川(わちがわ)」と呼びます。
これも現在行政上は「由良川」に統一しているようです。
王仁三郎文献では「由良川」と「和知川」は併用されています。どう使い分けているのかは不明です。
たとえば霊界物語第2巻序では、川沿いに建つ松雲閣(しょううんかく)での口述風景として

二十四年間心に秘めたる霊界の消息も、いよいよ開く時津風(略)夢かうつつか幻か、神のしらせか、白瀬川、下は音無瀬由良の川和知川、上林川の清流静かに流れ、その中央の小雲川、並木の老松川の辺に影を浸して立ならぶ、流れも清く、風清く、本宮山の麓なる、並松に、新に建ちし松雲閣書斎の間にて五人連れ、口から語る、筆を執る、五人が活気凛々として、神示のままを口述発表することとなつたのであります。
第2巻序

というように、由良川と和知川が別々の川のように書かれています。
和知川が由良川に流れ込んでいる…というような認識でしょうか?

さて、桂川と由良川の源流なんですが、調べてみて驚きました。
同じ所から発しているのです。
桂川の(主な)源流は佐々里峠、由良川の(主な)源流は杉尾峠なんですが、上の地図の、右の方に赤い色でプロットした場所です。

 ○桂川(国土交通省)、桂川(ウィキペディア)
 ○由良川(国土交通省)由良川(ウィキペディア)

桂川は佐々里峠から「宇津(うづ)」を通り、「園部」を通って、亀岡へ流れて行きます。
由良川は杉尾峠から「和知」を通って、綾部へ流れて行きます。

この二つの峠の間は8キロほどしか離れていません。
雨雲さんから見たら同じ場所だと言ってもいいでしょう。
この山地に降り注いだ雨は、佐々里峠という分水嶺の、南に落ちた雨水は桂川となって亀岡を通り、大阪湾(瀬戸内海、太平洋)へと流れて行き、北に落ちた雨水は由良川となって綾部を通り舞鶴湾(日本海)へと流れて行くのです。
また杉尾峠という分水嶺の南に落ちた雨水は由良川となり、北に落ちた雨水は南川(みなみがわ)という名の川となって小浜湾(日本海)へ流れて行きます。
地図にプロットして初めて気が付きました。同じ所に降った雨が、桂川と由良川になっていたのです。