霊界物語の世界地図で北はどっち?

投稿:2015年12月30日

霊界物語は35万年前の太古の神代の物語・・・という時代設定になっています。
現代の地理とは地形が大きく異なるため、霊界物語の地名を現代の地名に当てはめようとしても、少々無理が出てきます。

しかしそれにしても・・・東西南北が真逆になっていたりする場合があるのが不可解です。

たとえば1巻29章に「天保山(てんぽうざん)のはるか東北にあたって天教山というのがある」と書いてありますが、天保山は今の日本海(山が陥落して海ができた)、天教山は富士山です〔1巻31章〕。
しかしどう考えても、富士山は日本海の東「北」ではなく「南」ですよね?

他にも、28巻の台湾物語で、新高山の「東南」に日月潭(じつげつたん)があるという設定になっていますが〔28巻3章〕、現実の日月潭は新高山(現在の名は玉山)の「」にあります。

ここでも南北の位置が逆になっています。

東西が逆のパターンもあります。

たとえば8巻の南米物語で、宣伝使の淤縢山津見(おどやまづみ)や蚊々虎(かがとら)が、ヒルの国(ペルー)からブラジル峠を越えてハルの国(ブラジル)に向かいますが、「ブラジル山を西へ下り行く」と書いてあります〔8巻16章〕。
しかし現実の地理では、ペルーの東にブラジルがあります。

また9巻ではウヅの国(アルゼンチン)から淤縢山津見の一行が、照山峠(てるやまとうげ)を「」に向かって下ってテルの国(チリ)へ進みますが〔9巻14章〕、地図をどう見てもチリはアルゼンチンの「西」にあります。

南米

このように東西あるいは南北が現実の地図とは逆になっているケースが、探せば他にも沢山見つかると思います。

これは一体何故なんでしょうか???

ポールシフトが起きたのかな???

(この記事は2010年8月7日にブログ「霊界物語の新常識」に掲載した記事を加筆訂正したものです)