武志の宮はどこ?

投稿:2015年11月30日

霊界物語第20巻の第1篇の題名は「宇都山郷(うづやまごう)」、第1章の題名は「武志の宮(たけしのみや)」といいます。
三五教の新米宣伝使・天の真浦(あめのまうら)が、錦の宮の教主・言依別命(ことよりわけのみこと)から「人の尾峠を越えて、宇都の郷(宇都山郷)に初宣伝を試みよ」と命じられ、大雪の中ただ一人、降り積もった雪を踏み分けて歩いて行きます。

この宇都(うづ)というのはリアルワールドでは、京都市右京区京北下宇津町の辺りになるようです。
ここは明治7年(1874年)に2つの村が合併して北桑田郡「下宇津村」が誕生し、明治22年(1889年)には複数の村が合併して「宇津村」となり、昭和30年(1955年)にはさらに合併して「京北町」となり、平成17年(2005年)には京都市に編入されています。
北桑田郡 – Wikipedia

地図だとこの辺りになります。
Googleマップ
国土地理院地図

ここから日吉町(地図の左の方)に抜ける峠道がありますが、そこに「人の尾峠」があります。Googleマップには表示されてありませんが、国土地理院地図には表示されてあります。

日吉からずっ~と左上(北西)の方に綾部がありますが、天の真浦は綾の聖地(綾部)の錦の宮を出発し、人の尾峠を越えて宇都の郷までやって来ました。

ここの「武志の宮」という社の宮司・松鷹彦と出会っていろいろなエピソードが展開されます。そのエピソードの一つを拙著『超訳 霊界物語2 出口王仁三郎の[身魂磨き]実践書 ~ 一人旅するスサノオの宣伝使たち』で紹介しました。(p116~「不言実行──天の真浦の場合」)
この武志の宮という社は、京都府京都市右京区京北下宇津町庄ノ谷62にある八幡神社に相応するらしいです。
地図の中心点にある神社です。(Googleマップの方に神社名が表示されてます)

武志の宮は宇都の郷の「浮木の里(うききのさと)」にあると霊界物語に書いてありますが、神社の西の方に「上浮井」「下浮井」という地名が見えます。「下宇津村」はもともと「浮井村」と「粟生谷村」が明治7年に合併して誕生しましたが、その「浮井」が「浮木」の里のようです。

こんなふうに霊界物語の地名をリアルワールドの地名と照らし合わせてみると、親近感が深まりますね。
いつか武志の宮を参拝してみたいと思います。

【参考文献】
『みろくのよ』2013年12月号p29~32