昨日は中秋の名月(旧8月15日)でした

投稿:2017年10月05日

昨日(10月4日)の夕方、外に出てみると、大きな月が見えました。ほぼ満月です。
調べてみたら、昨日は旧暦8月15日、「中秋の名月」だったんですね。

15日でも満月ではなく、月齢14日弱で、満月になるのは10月6日のようです。
なぜ旧暦と月齢がずれるのかについては、国立天文台のこちらのページをどうぞ。→「中秋の名月

新暦8月15日と言えば終戦の日ですが、「旧8月15日」で思い出すのは霊界物語の天祥地瑞(第73~81巻)の口述開始です。
今から84年前の、昭和8年(1933年)旧8月15日に天祥地瑞の口述が始まり、翌9年の新8月15日(旧7月6日)に最後の第81巻の口述を終えました。

…神務は年を逐ひますます繁忙となり、口述の寸暇を見出す能はざりしが、非常時日本の状態に鑑み、一切の雑事を放棄し、いよいよ昭和八年十月四日(旧暦八月十五日)の仲秋の吉日を卜し、庚(かのえ)の巻 天祥地瑞と命名して口述する事とはなりぬ。
〔第73巻序文〕
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=rm730001

そうです、84年前の旧8月15日は、奇しくも今年と同じく新暦10月4日だったのです。
(ちなみに来年の新8月15日は旧7月6日ではなく7月5日になります)

引用文に「庚(かのえ)の巻」と書いてましたが、庚は干支の7番目(甲・乙・丙・丁・戊・己・・辛・壬・癸)ですので、霊界物語の1輯12巻の7輯目(霊主体従、如意宝珠、海洋万里、舎身活躍、真善美愛、山河草木、天祥地瑞)という意味だと思います。

時代は、満州事変(昭和6年)、満州建国(昭和7年)、国際連盟脱退(昭和8年3月)と道なき道を突き進み、まさに「非常時日本」でした。

今となっては、あの時代は坂道を転げ落ちて行ったと評価されますが、しかし当時はイケイケの時代であり、今の北朝鮮のように国威を発揚させ、国粋主義を花開かせて行った希望の時代でした。

現代日本もある意味では「非常時」ですね。