言向和(44) 寛容性のある宗教観

投稿:2017年09月12日

TED(テッド)はアメリカを中心に様々な分野の人物による講演会活動を行っている団体です。
2014年に京都で開かれたTEDの講演会で、あるお坊さんが講演しました。
臨済宗の禅寺の副住職をしている松山大耕氏です。
演題は「Reasons for religion」。直訳すると「宗教の理由」となります。(「宗教の理性」かな??)

ユーチューブに講演の動画があります。
https://youtu.be/8mAPA3YKC_A

十数分の短い話ですが、けっこう反響があったようで、ネット上のあちこちで紹介されています。
全文テキスト化したものがありますので、動画を見る時間のない方は、こちらをお読み下さい。
http://logmi.jp/34073

テーマ自体は、日本の宗教の寛容力が大きいことを訴えるもので、特に目新しいテーマではありませんが、しかし話しているエピソードがなかなかおもしろいです。

松山氏はお寺の子として生まれましたが、中学・高校はカトリックの学校に通っていました。

大学時代にアイルランドに行ったときに、現地の人に自分のそういう経歴を話すと、驚いて
「なぜあなたの国ではそんなことができるのか? アイルランドでそんなことをやったら殺される」
と言われたそうです。

アイルランドにも信仰の自由はありますが、国民の9割がカトリックです。
IRA(アイルランド共和国軍)というテロ組織が、イギリス領土になっている北アイルランドをイギリスから分離させて、全アイルランドを統一することを目的に長い間活動して来ました。(90年代末に停戦し、現在は武装解除しているようです)

IRAはカトリック過激派組織であり、イスラム教におけるアルカーイダやISILのようなものです。
要するにアイルランドには、自分の信仰する宗教以外は許容しないようなカルチャーがあるわけです。
「殺される」というのはさすがに大げさだとしても、カトリック信者の子供がプロテスタント系やイスラム系の宗教の学校に行くなんて、とうてい考えられないことなんでしょう。まして僧職者の子供だったらなおさらです。(ただしカトリックの神父は結婚禁止なので子供はいません)

松山氏の経歴を聞いたアイルランドの人は「日本では何でそんなことができるのか」とすごいカルチャーショックだったと思いますが、「そんなことをやったら殺される」と言われた松山氏もかなりカルチャーショックだったことでしょう。

しかし世界はそういうものだということを、私たち日本人はよく知った方がいいと思います。
結婚式はチャペルで行い、クリスマスを祝って、神社に初詣に行き、葬式は仏教で・・・なんていうのは、世界基準で見たらかなり異常な人たちなわけです。
それは果たして宗教的に寛容だということなのか、それとも無節操だということなのか・・・

松山氏は、この宗教観の違いは、食の違いと似ていると述べています。
洋食のコース料理にはメインディッシュというものがありますが、和食にはそれがありません。
懐石料理を想像してみて下さい。いろいろな料理が少しずつ出てきて、特別にメイン料理というものがありません。
ある特定の料理(宗教)だけを特別視することなく、全ての宗教に共通する倫理観とか哲学といったものを日本人は大切にしているのではないか、と松山氏は話しています。

他にも、日本とインドの仏教の違いはカレーに似ているとか、お坊さんだけあってなかなか話がうまいです。
で、最後は、日本人の持つ素晴らしい寛容性のある宗教観を世界に伝えて行きたい、そうすれば世界はもっと素敵になると信じている云々ということで、話を結んでいます。

   ○   ○   ○

松山氏のこの講演の中から特に抜き出して紹介したい箇所がいくつかあります。

(続く)


この文章は過去に次のところへ掲載した文章に加筆訂正したものです。
「言向け和すメールマガジン」2016年8月3日号