日別アーカイブ: 2017年11月10日

霊界物語ネットのデータをWordで使いたいとき

Published / by 飯塚弘明
投稿:2017年11月10日

MS Word

霊界物語ネットのデータをWordファイルで使いたいと思ったことはありませんか?

しかしルビや脚注、アンカーが付いているため、単にコピペするとおかしな文章になってしまいます。

画面例
↑これをコピーして、Wordにペーストすると、
↓こんなふうにおかしな文章になってしまう
画面例

こちらも参考にしてください
「霊界物語ネット」でコピペしたいとき(1)
「霊界物語ネット」でコピペしたいとき(2)

「設定」の一番上にある「この文献を王仁DBで開く」をクリックすると、王仁DBの画面が開きますが、これだとルビがないので不便です。(王仁DBは検索用のサイトです)

画面例

ルビ付きでコピペできたらいいのですが・・・

将来的にはWordファイルでダウンロードできるようにしたいと考えています。最初からWordファイルになっていれば便利ですね。
しかしそれはまだまだ先の話です。
当面は、多少煩雑になりますが、次のような方法をお使い下さい。

①「設定」で、アンカーを「表示しない」、「脚注マークを表示しない」にする。

↓アンカーと脚注マークが消える
画面例

②「設定」の、上から二番目にある「印刷用画面を開く」をクリック。

↓メニュー等が消えたシンプルな印刷用の画面
画面例

③この画面をHTMLファイルとしてパソコンの中に保存する。

ブラウザによって保存方法が異なります。

  • Chromeの場合は、右クリックして「名前を付けて保存」
    (又は右上の設定ボタン > その他のツール > 名前を付けてページを保存)
  • インターネットエクスプローラの場合は、右クリックして「名前を付けて保存」
    (又は右上の設定ボタン > ファイル 名前を付けて保存)
  • Edgeでは保存することができない
  • Firefoxでは、右クリックして「名前を付けてページを保存」
    (又は右上の設定ボタン > ページを保存)
④Wordの「開く」をクリックして、そのHTMLファイルを開く。

画面例

↓Wordで開くとこのようになる
画面例

しかしこれではルビが大きすぎて不格好ですね。
そこで次にルビのサイズを調整します。

Wordのルビは「フィールド」という機能を使って漢字の横に表示されるようになっています。数式を表示するのと同じ機能です。

ルビの付いている漢字を右クリックして、「フィールドコードの表示/非表示」というメニューをクリック。

すると次のようにフィールドのコードが表示されます。

画面例

このコードの意味は特に覚える必要はありません。

結論を言うと、「hps24」を「hps12」にすればルビが小さくなります。

↓「hps24」を「hps12」にする
画面例

再び右クリックメニューの「フィールドコードの表示/非表示」をクリック

↓ルビが小さくなった
画面例

しかし、全てのルビに対していちいちこの作業を実行していたのでは、ずいぶん手間がかかりますね。
そこで、一気に文字を置き換えてしまいます。

⑤「Alt」キーと「F9」キーを同時に押して、全てのフィールドコードを表示する
参考 http://office-qa.com/Word/wd495.htm

↓全て表示される
画面例

⑥「Ctrl」キーと「H」キーを同時に押して、「置換」画面を表示し、「hps24」を「hps12」に「すべて置換」る。

画面例

⑦再びAlt+F9を押す。

↓全ルビが小さくなっている
画面例

はい、お疲れさまでした~

これでWordファイルにコピペして使うことができますね。

ちなみに章題は「hps31」を「hps16」くらいにすればちょうどよくなります。
またフォントの種類を変更したりもできますので、いろいろと試してみて下さい。