月別アーカイブ: 2017年9月

言向和(46) 周りを「共鳴」させる のび太くん

Published / by 飯塚弘明
投稿:2017年09月18日

「『言向け和す』というのは物理で言う『共鳴』のことだ」と、ある人が教えてくれました。

共鳴とは、共振とも言いますが、物体が振動を始めると、他の物体も振動を始めることです。
よく、二つの音叉(おんさ)を使って実験されます。片方の音叉を叩いて音を鳴らすと、もう片方の音叉も、叩いていないのに、共鳴して音を立て鳴り出すのです。
(ユーチューブに音叉を使った共鳴の実験がありました)
https://youtu.be/cVhWB3IniBo

これは物理現象ですが、心理現象でも「共鳴」という言葉を使います。「共感」という方が一般的ですね。他人の考えや行動などに同感・賛同することです。

「相手の気持ちに共鳴する」というように、たいていは、「共鳴する側」の立場で共鳴という言葉が使われますが、「言向け和す」を考える場合には、「共鳴させる側」の立場が重要であると思います。つまり「自分の気持ちに共鳴してもらう」ということです。

世の中を良くしようと思って、どんなに正しいことを主張しても、その主張に人々が共鳴してくれなくては、世の中を良くすることはできません。「世の中」とは人間の集団(社会)のことですから、他の人を共鳴させることができなくては、世の中を変えることは出来ません。

それで、「他人を共鳴させる」技術を身に付けることが、言向け和すために必要なことになって来ます。

霊界物語では、三五教は「感化力」が強い、というように、「感化力」という言葉が使われますが、この感化力とは「共鳴させる力」と言っていいと思います。

   ○   ○   ○

ネットで調べていたら、ちょっとおもしろい記事を見つけました。

「ドラえもん」の主人公のび太くんが、とある映画の中で、しずちゃんやジャイアン、スネ夫ら周りの人たちを「共鳴」させたことについて論じた記事です。

『「のび太」という生きかた:自ら動き、周りに共感してもらう』
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/1502/03/news001.html

詳細は記事を直接読んでいただきたいのですが、この記事の著者は、紹介している映画に出てくる恐竜のエピソードを通して、「夢を叶えるためには、「周りの人を感動させ、巻き込むこと」が重要である」と訴えています。のび太はそれができる人物だというのです。

なるほど。
のび太と言えば、全然パッとしない、いじめられっ子というイメージですが、実は「夢を語る少年」だったのです。

そう言えばそうかも知れませんね。
のび太の「悩み事」をドラえもんが未来のツールで解決して行くのが『ドラえもん』ですが、その悩み事というのは、言い方を変えれば「夢」です。たいていは身の回りのちっぽけな話題なので「夢」と言うには少々大げさですが、たまには前述の記事に出てくるようにスケールの大きな話題も出て来ます。そうすると、のび太が「夢を語る」少年だったことが見えてきます。

この記事では、その夢を叶えるためには
「人が共感できる夢を持ち、その夢に対するあなたの熱意が周りに伝われば、自然と協力者が現れ夢は自ずと叶いやすくなる」
という答えで結んでいます。
ある意味ではありきたりな解答ですが、この「共感できる夢」というのは重要です。「共感できない夢」もあるからです。

共感する人が多くても、共感しない人もまた多かったら、社会を変えることはできません。それどころか社会は分裂し混乱するだけです。

社会を変えるには、より多くの人を共鳴させて行かなくてはいけません。
一部の人だけではなく、多数の人が共鳴するような「夢」を作り上げて行く必要があります。
反対派をも共鳴させてしまうような、強い感化力を持った夢です。

(続く)


この文章は過去に次のところへ掲載した文章を加筆訂正したものです。
「言向け和すメールマガジン」2016年6月1日号

霊界物語ネットで文字化けしたサーバーエラーが出た時は

Published / by 飯塚弘明
投稿:2017年09月17日

霊界物語ネットにアクセスした時に、文字化けしたエラーが出て表示されなくなったら、ブラウザの履歴を総て削除して、再びアクセスしてみて下さい。

【エラーの例】

エラーの例

これはサーバー側のエラーで、ブラウザ側のエラーではないんですが、Google Chromeでエラーが出たときに、試しに履歴を削除してみたら、再び表示されるようになりました。

もしものときはやってみて下さい。

「瑞能神歌」について

Published / by 飯塚弘明
投稿:2017年09月15日

王仁文庫 第三篇「瑞能神歌(みづのしんか)」を霊界物語ネットにアップしました。
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=B115003

瑞能神歌には
大本神歌
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=B115003c03
いろは歌 その一
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=B115003c04
いろは歌 その二
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=B115003c05
の三つの神歌が収められていますが、実は今までも他の資料にほぼ同じものが掲載されていました。

大本神歌 → 大本史料集成 Ⅰ
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=B195501c22031

いろは歌 その一 → 大本史料集成 Ⅰ
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=B195501c22021
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=B195501c22022

いろは歌 その二 → 大本史料集成 Ⅰ、出口王仁三郎著作集 第一巻
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=B195501c2106
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=B195301c03

これを元に校正し、ルビや脚注を付けて「瑞能神歌」としてアップしたものです。

瑞能神歌とは主に予言が記された歌なんですが、内容の解説はまた別の機会にすることとして、外形的な情報をここに記しておきます。


瑞能神歌の「解題」
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=B115003c02
にも書いてありますが、三つの神歌の初出はそれぞれ次の通りです。

大本神歌
大正6年(1917年)12月1日・筆
『神霊界』大正7年2月1日号で発表
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=M192919180201c03(霊界物語ネットには未掲載)

いろは歌 その一
大正6年(1917年)11月3日・筆
『神霊界』大正6年12月1日号(「い」から「ふ」の段まで)、及び大正7年1月1日号(「こ」の段以降)で発表
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=M192919171201c03(霊界物語ネットには未掲載)
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=M192919180101c05(霊界物語ネットには未掲載)

いろは歌 その二
明治36年(1903年)9月10日・筆
『神霊界』大正6年11月1日号で発表
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=M192919171101c02(霊界物語ネットには未掲載)

これが後に一冊の本にまとめられ、王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」として大正10年(1921年)1月に発刊されたのです。

当時の本をスキャンしたPDF復刻版が、霊界物語ネットの「書籍ダウンロード」でダウンロードすることが出来ます。(onibon_pdf_01.zip)
http://reikaimonogatari.net/dl.php

   ○   ○   ○

さて、最初に発表された神霊界誌上の神歌と、瑞能神歌収録の神歌とを較べてみると、細かい文字の違いはあるものの、ほとんど一緒です。

しかし、「いろは歌 その一」と「その二」の一部分に大きな相違があります。
脚注として本文中に入れておきましたが、その大きな相違点だけをここにも書いておきます。
脚注の設定はこちらをお読み下さい。総ての脚注を開いたり、非表示にしたり出来ます)

まず「いろは歌 その一」の「な」の段です。
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=B115003c04&mka=a357#a353
「御稜威もたかき大和路の」が、初出の神霊界では「罪も穢れも内藤の、家に集える信者を、大本王仁が引連れて、御稜威もたかき神の森、大阪本の文雄大人、其他あまた伴なひて、大和の国に名も高き」になっています。つまり王仁文庫に収録されるにあたり、ばっさりと短く切り落とされたのです。理由は不明。

次は「も」の段です。
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=B115003c04&mka=a926#a918
「道の審神者は経と緯」が、初出の神霊界では「未だ日も浅野王仁の大人」になっています。浅野和三郎の名を出したくなくて修正したのか?

次は「せ」の段。
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=B115003c04&mka=a940-a943#a938

神 「活動く時機を松の世の、東の国に冬小森、国の鎮めと木花の」
王 「活動く時機を松の世の、国の鎮めと木花の」

神 「咲耶の姫の弥固き、千代の常磐の岩下に」
王 「咲耶の姫の活動は、千代に八千代に動きなき」

それに続いて「す」の段。
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=B115003c04&mka=a9764a9765a9806-a9809#a976

神 「教御祖と諸共に、神の御教を王仁が」
王 「教御祖の神教に、服ろひ尽す真人が」

神 「咲哉木の花直日嬢、御代の一の大二に、誉も竜の宮の棟、十曜の星のキラキラと」
王 「咲哉木の花春の空、時代の栄へも弥広く、誉も竜の宮の棟、十曜の紋のキラキラと」

この「せ」と「す」の段は、他にも細かい文字の相違が多いんですが、神霊界では姓名折込歌になっているため、姓名に合わせた用字・文言になっています。しかし王仁文庫では姓名折込歌ではなくふつうの神歌になっているため、字句を改めたのではないかと思われます。

最後は「いろは歌 その二」の「く」の段です。
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=B115003c05&mka=a248#a243
「然も大道の中心を」の前に、神霊界では「手掛足懸色々に、」という文が入っています。

大きな相違点は以上です。

   ○   ○   ○

余談です。
「瑞能神歌」は基本的には予言歌のようですが、回顧歌も一部含まれています。
「いろは歌 その一」の「な」の段以降は回顧歌のようです。

「む」の段ですが、ここは、大正6年(1917年)4月23日に明治天皇の遠い親戚だった鶴殿親子(大本名は大宮守子)が初めて参綾し、その翌24日に、王仁三郎・鶴殿親子ら一行11人で吉野山へ神業に出向いた時のことが記されています。
その時の模様は神霊界の大正6年6月1日号p37~40に「山吹の花」という題名で詳しく載っていますが、まだテキスト化していません。
この吉野の御神業もいろいろ謎めいています。
『新月の光』の「吉野山」という項に、

大石凝先生は吉野山に金がある。厚さ三寸、巾三里、長さ十三里のがあると言われていた。(略)
王仁は大正六年四月二十四日、大勢つれて吉野山に見に行った。金峯山や八幡山にはあるが、これは嘘やと言って帰った。確かにある。金のあるところには、黄金草が生えているから判る。シダのようなものである。(昭和十八年)
〔新月の光(八幡版)下巻 p105〕

とあるのは、この時のことです。

「霊の礎」について

Published / by 飯塚弘明
投稿:2017年09月14日

霊の礎(たまのいしずえ)は霊界や霊魂の実相を王仁三郎が簡潔にまとめたものです。

最初は機関誌『神の国』誌上で発表され、大正11年(1922年)11月25日号から12年4月25日号にかけて掲載されました。
その後、霊界物語の巻末に収録され、全11篇が8巻に分散して収められました。下のリストがそうです。

ただし戦後、天声社から発刊された霊界物語の中には、収録されている巻が違っている場合があります。
霊界物語ネットの霊界物語は、愛善世界社版に準拠(戦前の版に準拠)しており、下のリストの通りです。(霊界物語ネットにリンクが張ってあります)

霊界物語の刊行後に、一冊にまとめられて『霊之礎』という本として発刊されました。
大正13年(1924年)に初版が出ており、霊界物語ネットの「ダウンロード」のページから、昭和5年(1930年)の第七版がPDFでダウンロードできます。(onibon_pdf_02.zip)
http://reikaimonogatari.net/dl.php


(1)第16巻
(2)第16巻
(3)第17巻
(4)第18巻
(5)第19巻
(6)第20巻
(7)第20巻
(8)第23巻
(9)第37巻
(10)第24巻
(11)第24巻

言向和(45) なぜ「言向け和す」が必要なのか

Published / by 飯塚弘明
投稿:2017年09月13日

前回紹介した松山氏のこの講演の中で、次のような発言がありました。

カレーの話題の後でこのように話しています。

…このように、食というのは、その土地の気候、風土といったものに大きく左右されます。宗教も同じで、気候、風土、それから歴史、文化、伝統といった色んな要素でその国にふさわしい形に洗練されてまいります。

なるほど。たしかにその国の文化というものは、その国土、その気候風土から生まれて来たものです。
砂漠だとか氷雪のような、生きるのに厳しい環境と、四季が多彩で豊かな自然に囲まれた環境とでは、そこで生きる人間の性質に大きな違いが出て来るのは当然です。

仮に日本の「寛容性のある宗教観」を外国に伝えたところで、歳月が経つにつれて、その国の気候風土によって現地化されて行くことになります。
外国の文化が日本に伝わると日本化されるのと同じことです。外国に日本文化を伝えても、やがて形を変えて行きます。形は残っても中味は変質して行きます。「寛容性のある宗教観」を外国に伝えても、それがその国に根付くとは限らないのです。

では、世界を寛容性のある世界にするにはどうしたらよいのでしょうか?
もちろん、文化を伝えて行くことも大切ですが、それだけでは限界があります。

日本列島から「寛容性のある宗教観」が生まれて来たということは、何を意味しているのでしょうか?
世界を寛容的にしたいというのであれば、それは「世界を日本のような自然環境にしよう」ということになるのではないでしょうか?

砂漠を緑化するなどして、ある程度は人為的な手段で世界を日本化することが可能だと思います。
しかし本格的に世界を変えるには、その程度ではダメです。もっと根本的な改革が必要です。
それは、天変地異によって地球環境が大きく変化するということです。
そのことを百数十年も昔の明治25年から、艮の金神さん(国祖・国常立尊)が出口ナオを通してメッセージを発し始めたのです。「三千世界の立替え立直し」です。

艮の金神こと国常立尊という神様は、端的に言うと、この地球の神霊です。
それは大地の女神とか豊穣の女神ではありません。大地の女神は大本神話では金勝要神(きんかつかねのかみ)と呼びます。
そういう優しそうな女神様ではなく、もっと恐ろしい神です。

国常立尊は、火山からマグマが噴き出してくる恐ろしい力を持った、この地球のことです。
その中心部のコアは400万気圧、5000~6000度という想像もつかない温度で金属が煮えたぎっているこの地球が、その神力を発動させて、大地を震わし、自然環境を大きく変えてしまうのです。その結果、世界中が今の日本のように比較的穏やかな自然環境へと変わるのです。
その時に地軸移動(ポールシフト)も起きます。そういう大規模な天変地異が起きるというのです。

それを「大峠」とも呼びますが、今の人類の在り方では大峠を乗り越えずに、人類が三分(3%)になってしまうと、予言と警告をして来たのです。

天変地異というとトンデモ系と受け取られがちですが、地球の長い歴史から見ると、実はよくあることです。3千年前の縄文時代には、海面が今より高くて東京も大阪も海の底でした。3万年前の氷河期時代には、逆に海面が低くて日本列島は大陸と地続きでした。
そういう長いタイムスパンで見ると天変地異なんてよくある話なのです。そういう数万年、数十万年に一度しか起きないような、あるいは数百万年、数千万年に一度しか起きないような自然現象がやがてそのうち起きるという、醒めた目で見れば、ただそれだけの話です。

動物や鳥や虫たちは地球の鼓動を感じて危険地帯から逃げ出したりするのですから、人類の中にもそれを感じ取る人がいて「ヤバイよ ヤバイよ」と声を発する人がいても何ら不思議ではありません。そのメッセンジャーの一人が出口ナオです。

その大峠を今の人類がなぜ乗り越えられないかというと、たとえばこういうことです。
大峠が訪れると陸が海となり海が陸となるようなことが起こります。その時に民族大移動しなくてはいけなくなります。
しかし今の世界の有り様では、移住の余地がありません。世界中の陸地はすべてどこかの国、どこかの誰かの所有地になっており、勝手に住むことは出来ないのです。避難したところで先住者が「出て行け」と言って衝突が起きるのは目に見えています。
非常時の大混乱の際には挙国一致(国と言っても全世界のことですが)して事に当たらねばなりませんが、とうていそういう状態ではありません。
そこで国祖の神様が昔から、「早く改心せよ」とメッセージを発して来たのです。我利我利亡者と化した人類に対する警告です。

それから百数十年の間に、ずいぶんと人類の在り方も変わって来ました。帝国主義の嵐も鳴りを潜め(今でも中国は帝国主義ですが)、交通・通信網の発達で、かなり「世界は一家、人類はみな兄弟」的になりつつあるとは思いますが、まだまだですね。
しかしもうそろそろ仕上げの段階ではないでしょうか。
世界政府樹立の段階です。
そのための「言向け和す」です。
そのために、太古の神代に天孫降臨し、神武天皇が日本を建国して、「言向け和す」を秘めておいたのです。

   ○   ○   ○

松山氏の講演の中でもう一つ取り上げたいところがあります。
講演の最後の方で次のように話しています。

…私この2年ほどで、前のローマ法王にご招待いただいてバチカンに行ったり、この4月にはここ京都ではダライラマ猊下にご招待いただいてシンポジウムに参加させていただきましたが、世界の宗教家が実はこの日本の宗教観に非常に期待されています。

ローマ法王(カトリック教皇)を始め世界の宗教家が日本の「寛容性のある宗教観」に期待しているということですが、「日本を見習って我が宗教も寛容的になろう」ということでしょうか??
しかし宗教はなかなか寛容的になれるものではありません。寛容的な宗教というのは、最初から寛容的なのです。
残念ながら、キリスト教やユダヤ教やイスラム教は、どうやっても寛容的にはなれません。無理です。宗教を改革しようとすると、闘争が起きて、分裂します。だから最終的には、地球環境を変化させることによって、人間の性質自体を変化させねばならないのです。

しかし、考古学的な発見が、宗教を根本から変化させる可能性もあります。
「百聞は一見にしかず」「論より証拠」で、物証が見つかることで、歴史観・世界観というものが変わる可能性があるのです。

先日、明智光秀が「本能寺の変」の直後に反織田信長勢力の豪族に送った書状の原本が発見されたというニュースがありました。
詳しいことはネットニュースを見て下さい。
http://www.excite.co.jp/News/it_biz/20170913/Cobs_1669569.html
http://www.huffingtonpost.jp/2017/09/11/akechi-mitsuhide_a_23205232/
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201709/CK2017091202000240.html?ref=rank

それによると、光秀の謀叛の目的は、室町幕府を再興することであった、ということです。
本能寺の変の動機については諸説あり、信長に対する怨恨だとか、何者かに操られたという黒幕説だとか、いろいろあるようですが、こういう物的証拠が発見されることで、歴史が塗り変わる可能性があるのです。

たとえば日本から「失われたアーク」が見つかったら、世界の歴史はどう変わるでしょうか?

あるいはまた、フリーメーソンが、太古からの数々の工作を裏付ける文書を世間に公表したとしたら、どうでしょうか?

そういう考古学的発見によって、世界の歴史が塗り変わり、「各地で別々に発展して来たように見える諸民族が、実は太古はみな一つに繋がっていたのだ」という、有機的な連関が見えてくるような歴史観・世界観の大転換が、天変地異の前に起こります。
そういう物的証拠が示されれば、宗教も、根本的な部分から変化を迫られることになります。

これは大本の雛型神業では、出口ナオ開祖の「見真実(けんしんじつ)」という形で顕れています。大正5年に開祖は、自分の手から出た筆先によって、王仁三郎の正体(ミロクの大神)を知ることとなり、世界観の大転換を迫られたのです。
そういうことがやがて世界にも起きます。

これはある意味で「言向け和す歴史観」だとも言えます。
他を非難し、敵を憎み、人類に分断をもたらす歴史観ではなく、すべての出来事は、より良い世界を創るためにあったのだという、世界を一つにするための歴史観です。

それが起きてから、ようやく世界政府も樹立されるのではないかと思います。

(続く)