月別アーカイブ: 2015年12月

大本台湾別院の写真

Published / by 飯塚弘明
投稿:2015年12月21日

去年の夏(2014年7月)のことですが、ある方から大本台湾別院の写真をいただきました。
貴重な写真を提供していただきどうもありがとうございます。この場を借りて御礼申し上げます。

戦前、台湾には大本の別院が2ヵ所ありました。台北の台湾別院と、基隆別院です。
次の写真は昭和8年(1933年)8月20日、台湾別院の敷地内の「憧憬歌碑」の除幕式のものだと思われます。

これは、歌碑の部分のアップです。
歌碑の前にいる人は、大宣伝使服を着た出口王仁三郎ではないかと思います。
歌碑のはるか彼方に見える山は「七星山」、その手前左の山は「沙帽山」(紗帽山)のようです。

この地は「草山(そうざん)」(現在は陽明山)と言い、日本で言うと東京に対する熱海のようなところで、首都・台北の北部の山中にあり温泉保養地になっています。
王仁三郎が草山滞在中に詠んだ歌にも、よく温泉に入った歌が出てきます。

はつはるの陽ひはうららなり草山の温泉(いでゆ)のけむりしづかにのぼる
一月のはじめなれども草山の温泉(いでゆ)の里はくつわ虫なく
山羌(キヨン)の声暗(やみ)の林に聞(きこ)えつつ温泉(いでゆ)の夜は静かに更けゆく

キョンというのは鹿の一種です。
この温泉というのは、台湾別院から1キロ弱離れたところにある「霊泉郷」に宿泊して、そこの温泉につかっていたようです。
その霊泉郷の写真です。

ここはもともと松田徳三宣伝使の別荘でした。現在はどこかの会社の保養施設になっているようですが、今でも門の前には王仁三郎が揮毫した「霊泉郷」の文字を彫った石碑が立っており、敷地内には松田宣伝使の雅号「寄山」で詠まれた歌碑があります。「天地乃恵みうつくし露の玉」という川柳です。

写真を提供してくれた方は、この松田宣伝使の親戚の方です。台湾生まれで、子供の頃は霊泉郷に疎開していたとのこと。床の間にはカボチャくらいの大きさの隕石があったそうです。

松田宣伝使はこういう方でした。

王仁三郎の生母・上田ヨネさんの写真もいただきました。

私は2007年に台湾に行って、この台湾別院と霊泉郷の場所を確認したことがあります。その時のレポート台湾に関する資料がオニド・アーカイブにありますので参考にして下さい。

ストーリーの流れが分からん! 第13巻第24章~第14巻第4章の場合

Published / by 飯塚弘明
投稿:2015年12月19日

霊界物語を読んでいると、時々ストーリーの流れが分からなくなることがあります。
現代の商業小説だったら、そんな書き方ではボツです。読者に分かるように書かないと出版してくれません。
しかし霊界物語は王仁三郎が考えた小説ではなく、霊界で目撃したことをそのまま書いた物語なので、ストーリーが飛んじゃっているような場合もあります。寝ているときに見る夢と一緒です。夢のストーリーなんてぶっ飛んでますよね。場面がいきなり変わり不条理な展開をして行きます。

霊界物語にストーリーがぶっ飛んで混乱してしまう箇所が何ヶ所かありますが、今回は第13巻から第14巻にかけてを説明します。
フサの国(ペルシャ)が舞台の物語です。

第14巻第2章には、
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=rm1402

音彦(三五教の宣伝使)
弥次彦
与太彦
源五郎(ウラル教の大目付)

の4人が出てきます。
「銅木像」という銅と木で造った機械の化け物が登場して、源五郎がその体内に入り、銅木像は源五郎を体内に入れたまま、どこかに去ってしまいます。

3人がその場に残りますが、そこへ日の出別神(ひのでわけのかみ)はじめ三五教の宣伝使の一行5人が現われます。

日の出別神
鷹彦
岩彦
梅彦
亀彦

弥次彦が
「もしもし、私の頭は小便だらけだ(銅木像に小便を引っかけられた)。水でも吹きかけて清めて下さいませんか」
と頼みます。すると日の出別神は、
「鷹彦サン、岩彦サン、谷川の水を汲んで来て、かけてやって下さい」
と命ずると、二人は谷に下りて口に水を含み、三人(音彦、弥次彦、与太彦)の顔に向けて、口の中の水を吹きかけます。
すると三人はハッと気がついて目を開けました。
実は三人は小鹿峠から転落して、川辺で気絶していたのです(転落したシーンが前の第13巻の一番最後に出てきます)。銅木像は霊界(中有界かな?)で遭遇したのでした。

さて、ここまでが第2章です。
ところが次の第3章を読むと第2章と話が続かずに「?」となってしまうのです。
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=rm1403

鷹彦、梅彦、亀彦は心の堅き岩彦の改心を喜びて(略)

ここでまず「?」です。「心の堅き岩彦の改心」とは???
そして、

岩「(略)音彦の宣伝使は居ませんなア」
梅「(略)弥次、与太の二人も居りませぬなア」

あれ?その3人はさっき遭遇したばかりじゃないですか? 居なくなっちゃったの?

これはあまりにも説明不足です。前の方を何度も読み直してようやく分かりました。
実は第13巻第24章で、一行8人は一緒に行動していたのです。次の8人です。

岩彦、梅彦、音彦、亀彦、駒彦、鷹彦(この6人は半ダース宣伝使と呼ばれています)
弥次彦、与太彦

ところが、その第24章の最初の方で、3人(音彦、弥次彦、与太彦)は他の5人とはぐれてしまったのです。
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=rm1324

永き春日も早暮れ果てて、あたりは靄(もや)に包まれた。一行八人はとある林の中に蓑を敷き寝に就いた。何れも長途の旅に疲れ果て、前後も知らず寝入るのであつた。夜中に弥次彦は目を覚まし、あたりを見れば、朧の月は頭上に木の間を透して輝いてゐる。六人の宣伝使のうち五人の姿は、いつの間にか消え失せて、附近に人の気配もない。

ここから3人だけのストーリーが始まるのですが、他の5人のストーリーが、先ほどの第14巻第3章なのです。
そのことが何も書いていないので、第2章から第3章がそのままつながっているのだと思い込んで読んでしまうと、「霊界物語って意味不明だな~」と呆れて読むのが嫌になってしまいます。
「心の堅き岩彦の改心」とはずっと前に戻って、第13巻第21章でのエピソードです。

で、第14巻第3章を読んで行くと、途中で六公日の出別神と出会って、計7人になっています。
そして第4章で、谷底で気絶している3人を見つけ、ここでようやく第2章最後の水を吹きかるシーンにつながります。
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=rm1404

あそに5人の名前(日の出別神、鷹彦、岩彦、梅彦、亀彦)しか書いていなかったのですが、実は7人(+駒彦、六公)いたのです。
全く読者に不親切な霊界物語ですね。
登場人物ごとにまとめると次のようになります。

A…岩彦、梅彦、亀彦、駒彦、鷹彦
B…音彦、弥次彦、与太彦
C…日の出別神、六公

●第13巻第24章冒頭…A5人とB3人の計8人で旅をしていたが、はぐれてしまう(理由は不明)。Bのストーリーが進行。
●第14巻第2章末尾…BにA+Cが遭遇。
●第14巻第3章…Bとはぐれた(第13巻第24章冒頭)後のAのストーリー。Cが加わり7人になる。
●第14巻第4章冒頭…A+C7人が、Bの3人を見つける(第2章末尾につながる)。

同時進行する二つのストーリーをきちんと分かるように書き分けるには「その頃、音彦たち3人と離ればなれになった岩彦たち5人は…」などと書けばいいのですが、まあ、霊界で目撃した物語なので、仕方ないですね(^_^;

霊界物語は13ヶ月で書いた

Published / by 飯塚弘明
投稿:2015年12月18日

(この記事は2011年10月6日にブログ「霊界物語の新常識」に掲載した記事を加筆訂正したものです)

出口王仁三郎が書いた霊界物語は全部で83冊もありますが、集計をしたら、392日、およそ13ヶ月で書いていることが判明しました。
(ただし講演録や口述日不明のものをのぞく)

1冊平均4.7日です。超人ですね。
順調に進んでいる時は3日で1冊、もっとも早い時だと2日で1冊(第46巻と第71巻)、書いています。
本人は口述だけして、それを筆録するのは弟子たちにやらせたわけですが、それにしても、物語を自分の頭で考え出したのではなく、霊眼・霊耳で見たこと聞いたことをそのまま口述したからこそ、そんなに早いスピードで口述できたのでしょう。

次のように大正11年だけで全体の半分くらい書いています。

大正9年(1920)…17章…講演録
大正10年(1921)…200章…50日(1巻13章以降)
大正11年(1922)…1015章…186日
大正12年(1923)…441章…73日
大正13年(1924)…64章…12日
大正14年(1925)…111章…12日
大正15年(1926)…35章…5日
昭和8年(1933)…150章…40日
昭和9年(1934)…66章…14日
口述日不明…9章

●参考 オニド>資料いろいろ>口述日別一覧

本にしました『言向け和す~戦わずに世の中を良くする方法』

Published / by 飯塚弘明
投稿:2015年12月17日

今まで3年ほど「言向け和す」について探究してきたことをまとめて電子書籍にしました。アマゾン・キンドルで発売中です。ぜひ読んで下さい。
言向け和す~戦わずに世の中を良くする方法

「言向け和す」メルマガ(週1回・無料で発行)の登録はこちらからどうぞ!

惟神・思い悩むな・自然法爾

Published / by 飯塚弘明
投稿:2015年12月16日

(この記事は2009年10月17日にブログ「霊界物語の新常識」に掲載した記事を加筆訂正したものです)

スサノオが導く三五教の教えの一つ「惟神(かむながら、かんながら)」とは「神様の御心のままに」というような意味ですが、もともとは神道で使われている言葉です。しかし神道系だけでなく、他の宗教でも同じような概念が見られます。

たとえばキリスト教では、聖書でイエス・キリストが次のように教えています。「山上の垂訓」の一部です。

だから、言っておく。自分の命のことで何を食べようか何を飲もうかと、また自分の体のことで何を着ようかと思い悩むな。
命は食べ物よりも大切であり、体は衣服よりも大切ではないか。
空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。
だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。
あなたがたは、鳥よりも価値あるものではないか。
あなたがたのうち誰が、思い悩んだからといって、寿命をわずかでも延ばすことができようか。
なぜ、衣服のことで思い悩むのか。野の花がどのように育つのか、注意して見なさい。働きもせず、紡(つむ)ぎもしない。
しかし、言っておく。栄華を極めたソロモン(注・古代イスラエルの国王)でさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。(略)
だから、「何を食べようか」「何を飲もうか」「何を着ようか」と言って、思い悩むな。(略)あなたがたの天の父は、これらのものがみなあなたがたに必要なことをご存じである。(略)
だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。
〔新共同訳聖書 マタイ福音書第6章第25章~〕

思い悩まず、すべてを神に委ねて生きなさい──これは「惟神」そのものです。もちろんキリスト教では惟神という言葉は使いませんが、その精神はイエス・キリストがしっかり説いているのです。

また、仏教の中にも惟神の精神を見いだすことが出来ます。たとえば親鸞上人が説いた「自然法爾(じねんほうに)」です。これは親鸞が弟子に宛てた手紙の中で絶対他力の信仰を説明した言葉ですが、広辞苑には次のように書いてあります。

人為を加えず、一切の存在はおのずから真理にかなっていること。また、人為を捨てて仏に任せきること。親鸞の晩年の境地。

この説明では少々簡単すぎるので、もう少し詳しい解説を。
『絶望からの出発―親鸞・その人と教え』(1984年、鈴木出版・まいとりぃ選書)から引用してみます。

…親鸞八十六歳の時に書かれた書簡の中に、次のような言葉が見える。

「自然(じねん)」の「自」というのは「おのずから」ということで、行者が自分でああしよう、こうしようとしてなるということではないという意味です。「然」というのは「そのようにあらせる」ということです。「そのようにあらせる」というのは、行者自身のはからいではなく、如来の誓いによるものです。だから「法爾」というのです。「法爾」とは弥陀の誓いによる故に、おのずからそのようになっていくことをいうのです。…このように、自然法爾とは、仏にすべてをゆだね、だれもが自分からああしよう、こうしようとはしないことをいうのです。それはもはや、自力を超えた絶対他力の世界だから、「義なきを義とす」(意味や理由などない)とされるのであると、知らなければなりません。

自然(じねん)とは、今日いうような「自然(しぜん)に」という意味ではない。行者の側でああしよう、こうしようと考えなくても、ひとりでに弥陀の救済の手がさしのべられてくるということである。法爾とは、そうした弥陀のはたらきの背後に、衆生を救済しようとする弥陀の誓いがあることを意味している。そしてこの絶対他力の信仰は、自力のはからいを超えた世界であるから、もはや私たちの凡夫のせんさくの及ばないものとされているのである。
〔同書p151-152〕

自分の力で悟りを開く・救済を得るということが「自力」で、他の存在(神仏)の力で救いを得ることが「他力」です。

「神さま仏さまお願いします」と必死になって祈るのは、「他力」のようですが、実は「自力」でもあります。自分の意志・自分の力で祈っているです。しかしこの神仏に祈願しようという気持ちが生じたこと自体が神仏の御力によるものなのだ…ということに気が付いて初めて「絶対他力」ということが判って来ます。

自分の力なんて何もない、すべては神仏の広大無辺な力の中で生かされているのである…ということが惟神であり、そのことがキリスト教でも仏教でも説かれているのです。

神の心に自分の心を合わせること・真釣り合わすことが惟神であり、これは究極的には自力即他力、他力即自力となるわけです。

王仁三郎がつくった「大本教旨(おおもときょうし)」という文があります。

神は万物普遍の霊にして人は天地経綸(けいりん)の主体なり、神人合一して茲(ここ)に無限の権力を発揮す。

これは惟神を別の角度から説いたものであると思います。
神と人の一致和合──それが究極の惟神です。