日別アーカイブ: 2015年3月21日

神との出会い(3)キリストのお墓の巻

Published / by 飯塚弘明
投稿:2015年03月21日

●キリストのお墓の巻

当時は栃木県に住んでいました。北海道旅行の行きは東北自動車に乗りましたが、帰りは一般道でゆっくり東北を走ろうと思い、下北半島から十和田湖に向かって走って行きました。
すると、その時です。
道路際に「キリストの墓」という看板が立っているのが目に飛び込んで来ました。
んん?キリストの墓??
何のことか分からずにそのまま走り過ぎましたが、気になったので(どうせ時間制限のない気ままな旅だから…と思い)数百メートル先でバイクをUターンさせて戻って来ました。

そこは青森県新郷村(しんごうむら)の、知る人ぞ知る「キリストの墓」です。今はインターネットがあるのでかなり知名度は高いと思われますが、当時は一部のマニアしかにしか知られていないような遺跡?です。もちろんウブな私はそんなもの全然知らずに大変驚きました。
キリスト教自体もよく知りませんので、『あれ?イエス・キリストってヨーロッパの人じゃなかったっけ?何でそのお墓が日本にあるんだ?』(本当はユダヤ人でエルサレムで処刑されて死んだ)という認識でした。
詳しいことは新郷村のホームページを見てください。
http://www.vill.shingo.aomori.jp/07sight/sight-christ.html

ざっくり言うと、古史古伝の一つ「竹内文書」にキリストが日本に渡来していたということが書いてあり、昭和10年に関係者が新郷村を訪れて「キリストの墓」を発見したのです。「キリストの弟の墓」もあります。
それだけでなく新郷村にはユダヤ文化に由来すると思われる数々の風習が残っているのです。
日ユ同祖論では必ず取り上げられる有名な場所ですが、そんなものはまだ知りませんでしたので、このキリスト渡来伝説はかなり衝撃的でした。
とはいえ信じたわけではなく『なるほど、そういう言い伝えがあるのか、へえ~』という程度にしか思いませんでしたけどね。
ちなみに王仁三郎によると、イエス・キリスト本人は来ていないようですが、キリストの弟は日本に来ているようです。

思えばこれが「教科書やマスコミが伝えない真実」に触れた最初でした。
この19歳の一人旅から、あっちの世界=彼岸へ渡ってしまったように思います。それから数年間はこっちの世界に戻ってくることができませんでした。