カテゴリー別アーカイブ: 言向け和す

言向和(41) 憎悪の昇華

Published / by 飯塚弘明
投稿:2017年09月06日

出口王仁三郎が書いた霊界物語には宣伝使と呼ばれる人が多数出て来ます。霊界物語の主人公で、救世主であるスサノオの大神が、三五教(あなないきょう)という霊団を導いており、その宣伝使たちがスサノオの手足となって、世界を言向け和すために地上のあちこちを旅して回るのです。

言向け和されるのは悪神・悪人だけではありません。一見、善人に見える人でも改心を迫られます(第13回参照)。何も悪い行為をしていなくても、妬み嫉み憎しみという想い自体が悪なのです。それが発生する凝り固まった感情を、言向け和して行くのです。

悪神(邪神)とか悪人とか言っても、最初から悪かったわけではなく、何かいろいろ世間の波に揉まれているうちに悪くなったわけで、改心すれば善神・善人となりますが、その背後に「邪霊」が存在することを王仁三郎は説いています。邪霊には三種類(八岐大蛇、金毛九尾の悪狐、六面八臂の邪鬼)あるんですが、これらは最初から邪悪な存在として誕生しています。
しかしこの邪霊ですら、言向け和して、人々のため、宇宙のために役立つ存在へと変えて行くのです。
悪いもの醜いものを斬り捨ててしまうのではありません。
悪しき想いを昇華させてミロクの世の建設に役立てて行くというのが、スサノオの大神のやり方です。

それが現実の人間界に顕れるとどうなるのか、ということで、その一つの例を紹介します。

   ○   ○   ○

「汝の敵を愛しないさい」と言われても、なかなかできるものではありません。
犯罪や戦争で愛する人を亡くした遺族にとっては、敵を憎み続けることが唯一の「生き甲斐」だという場合もあります。

しかしこの憎悪心を昇華して、世の中を良くするために邁進する人もいます。

昭和41年(1966年)年に、市瀬朝一さんは通り魔によって息子を殺されました。
犯人は捕まりましたが、市瀬さんは息子の恨みを晴らすため、裁判所内で被告(犯人)を殺そうとしたのです。
それは未遂に終わりましたが、憎悪をそのままダイレクトに爆発させて復讐したとしても、自分は捕まって処罰されるし、家族は喜ぶどころかさらに悲しみに沈むことになります。
場合によっては復讐された相手がさらに復讐してきて、憎悪が増幅・連鎖し、いい結果にはなりません。

次に市瀬さんは、通り魔のような犯罪をなくすために活動を始めます。
犯罪をなくすというのはなかなか難しいことですが、復讐ではなく、世の中を良くすることで、息子の怨みを晴らそうとしたのです。

自分と同じように、通り魔によって家族を殺された遺族の元を訪ね歩きました。
同じような境遇にあって、気持ちが通じやすいはずですが、しかし実際には必ずしも市瀬さんを快く迎え入れてくれるわけではなく、傷ついている遺族たちの中には「ほっといてくれ」と市瀬さんを追い返す人もいました。

当時の社会風潮として「犯罪に遭うのは、被害者の方にも何か非があるのでは?」という目で見る人も多かったようで、遺族の心境はなかなか複雑だったようです。

遺族の元を訪ね歩くうちに、市瀬さんは、遺族が経済的に困窮に陥っている家庭が多いことに気が付きました。
何の罪もない子供が殺されたことで精神的に参って、働く意欲が起きなくなってしまったり、一家の大黒柱が殺されて収入が途絶えてしまったり。

法律を調べてみると、交通事故や災害による死亡者の遺族を救済する補償金制度はあったのですが、犯罪被害者に対する補償金制度が存在しませんでした。

そこで市瀬さんは、それを法制化することを目指すことにしたのです。
経営していた会社を畳んで活動資金を作り、署名を集めたり、政治家を訪ねたり。

昭和49年(1974年)、三菱重工爆破事件(過激派による無差別テロ事件)によって死者8人、400人近い負傷者が出ました。
この事件が直接的な契機となって議論が高まり、昭和55年(1980年)に犯罪被害者給付金制度が制定されました。それまでの市瀬さんの努力が報われたのです。

講演「犯罪被害者運動の先駆者 市瀬朝一氏を偲ぶ」も参考にして下さい。

この市瀬さんがモデルとなった『衝動殺人 息子よ』という映画が昭和54年(1979年)に公開されています。(ウィキペディア

また2015年12月にはテレビ番組「アンビリバボー」で放送されているので、Youtubeを「アンビリバボー2015年12月3日」で検索すると出てきます。
https://youtu.be/JT6zsNJYyR4

   ○   ○   ○

憎悪心を燃やして敵に復讐しても、あまりいいことはありません。

とは言え、憎悪心をなくせ、敵を愛せ、と言われても、そう簡単にはできません。

第三の道として、この人のように、憎悪心を昇華させて、世の中を良くするエネルギーに転換するという方法もあるのです。

単に憎む気持ちをなくすよりも、これが世の中に一番役立つ方法かも知れません。

そして実際に世の中を良くすることができたなら、犯罪の被害に遭ったという「災難」も、実は神の「恵み」だったと思うことができるようになるかも知れません。
神は自分にこれをやらすために、あのような酷い災難を降り注いだのか──と。

なお、この法律(犯罪被害者等給付金支給法)は、市民の立法運動によって制定された日本で初めてのケースだそうです。
最初は犯人に対する憎しみの気持ちで動いていたかも知れませんが、それがやがて「犯罪を無くそう」、そして「被害者を救おう」という愛の気持ちへと、原動力が変わって行ったのです。

まさに、憎しみの感情が愛へと昇華したわけです。

(続く)


この文章は過去に次のところへ掲載した文章に加筆訂正したものです。
「言向け和すメールマガジン」2016年1月20日号

言向和(40) 自分を虐待した親を許さない

Published / by 飯塚弘明
投稿:2017年09月04日

前回は、「言向け和す」世界の前の段階として「言向け和せない」世界があるということを書きました。
誰にでも必ずあるとは限りませんが、その世界を通過しなくては、次の世界に進めない人もいるのです。私の場合がまさにそうであったのです。
「言向け和せない」世界では、「言向け和さない」ということをしっかりやらなくてはいけません。その時、その人にとっては、それが必要だからです。

以前に「自分を虐待した親を許す」という話を書きました(第31回)。
今回紹介するのは、それとは真逆のケースです。
「虐待した親を許さない」ことで救われたという話です。

中井宏美・著『あなたの子供を辞めました』(2011年、マガジンハウス)には、親と絶縁することで幸福を手に入れた著者の体験が記されています。

中井さんは幼い頃から母親に虐待されて育ちました。殴られ、罵倒され、自殺しろとまで言われたのです。

しかし、母親に愛されないのは自分が悪いからだと思い込み、悩み、葛藤して、地獄のような日々を過ごしました。

やがて大学に進学し、家を出て、就職しましたが、トラウマはいつまでも彼女を追いかけて来ます。妹に「お母さんを許してあげようよ」と諭されますが、許すことが出来ません。

許すとは、どのような状態なのか。どうすれば許せるのかが私にはよく分からなかった。自分のつらさや怒りを押し殺し、母からの罵倒に耐え続けることが許すということならば、私は程なく死んでしまうだろう。私は許すこともできず、ただ憎むこともできない。許そうとすれば、自分の感情を抑えるつらさに耐えられなくなり、憎もうとすれば罪悪感に苦しめられた。(同書P185)

そんな彼女は「許す」ことではなく、「絶縁する」ことで、苦しみから救われたのでした。

同書で紹介されていますが、「毒親(どくおや)」という俗語があります(ウィキペディア参照)。アメリカの精神医学者スーザン・フォワード氏の著書『毒になる親』(1999年、毎日新聞社)の題名から生まれた言葉です。

毒になる親とは、児童虐待などで毒のような影響を子供に与える親のことで、子供の人生はその毒によって支配され苦しみ続けることになります。『毒になる親』の中でフォワード氏は「必ずしも親を許す必要はない」と述べています。

…長い年月をかけて「許す」という概念について綿密に研究してきた。そして次第に、「許さないといけないから許す」という考えは、傷ついた心の回復には助けにならないばかりか、むしろ妨げになっているのではないかと思うようになった。〔『毒になる親』P191〕

…私はけっして「親を許すな」と言っているのではない。本当に許すことができるのなら、それはかまわない。だがそれは、「心の大掃除」という長い道のりを経て、すべての整理がついたうえで、最後の結論としてそうなるのでなくてはならないということなのである。〔同P196〕

…私は長年にわたって多くの被害者をカウンセリングし、観察してきたが、「毒になる親」の支配から自己を解放した者は、必ずしも親を許さなくても心の健康と平和を取り戻すことができている。〔同P197〕

親と絶縁することによって救われた、というのは、親子関係ではなく、夫婦関係に置き換えると分かりやすいかも知れません。
夫婦仲がこじれたとします。二人の関係を修復するのが理想的かも知れませんが、いっそのこと離婚して別々の道を歩んだ方が、二人にとって幸せである場合もあります。
親子関係も同様で、修復不可能なら絶縁して、親と無関係に生きて行けばいいのです。

これは私にとっても、とても痛い話です。なぜならまさにそういう過去を経験しているからです。
前回少し書きましたが、私は自分自身の性格がとても嫌いでした。当時はとても内向的で人付き合いが苦手で友達が一人もいないような孤独な人間だったのです。そしてそういう性格であることを親のせいにして、それで親を憎んだのです。
(注・親の名誉のために書いておきますが、私は決して親に虐待されていたわけではないのでご注意を。私の親は世間一般的に見て決して恥ずかしくない、むしろ立派な親だと思います。しかし子供は世間を知らないので、自分の願望だけで善悪を判断してしまうのです。まして、内に引き籠もってしまうような性格だったのでなおさらです。要するに八つ当たりで憎んだのです)

詳細はここには書きませんが、私も親と「絶縁」をしました。親に対する、静かな、そして最大の復讐が「絶縁」だったのです。
『毒になる親』の引用文に「心の大掃除」という言葉が出て来ましたが、まさにその心の大掃除を二十歳頃から始めて、心理学とか精神世界とか宗教を学び、そして王仁三郎に出会い、4~5年後には親を憎む気持ちが無くなって行きました。

しかし親を憎んでいたときに「親を許しなさい」と言われても、絶対に無理だったと思います。
理性では許したとしても、腹の中の怒りは収まらなかったことでしょう。

イエス・キリストは「汝の敵を愛しなさい」と説きましたが、敵の罪を許し、愛することが理想だとしても、それができるようになるには、まず徹底的に敵を憎むことが必要な場合もあるのです。

それは、傷ついた自尊心を回復するためです。心のトラウマが癒されなくては、敵を許し、愛することは難しいのかも知れません。

タクシードライバーの例(第30回)で、客のCさんも、自分に重傷を負わせたドライバーのBさんを初めは憎悪していました。しかしBさんが真摯に謝る態度を見て、次第に心が癒されて行き、Bさんの罪を許すことができたのだと思います。

フォワード氏は「必ずしも親を許さなくても心の健康と平和を取り戻すことができている」と言っていますが、しかしそれはあくまでもその人一人だけを見れば、それでもOKだということに過ぎないでしょう。
人間は一人で生きているわけではありません。社会生活をする生き物です。「絶縁」は社会の有機的な結びつきを破壊する行為です。長期的に見ればいろいろな不都合が発生します。
あくまでも、その人が心の健康を取り戻すための一時的な行為であるべきです。やがて時期が来たならば、親を許すことが出来るようになるのが、目指すべき世界です。

『あなたの子供を辞めました』の中井氏も、今はそれが必要だからそうしているのであって、永遠にそのままでよいはずがありません。
しかし人の人生は短いです。わずか数十年の人生の中で、その日その時は訪れないかも知れません。
心残りなく死ぬには、やはり許すことが必要なのではないのでしょうか。

そして、人を許さないと、許されていない人もまた救われません。
社会(世の中)というものを考える場合には、自分のことだけでなく、相手のことも考えなくてはいけません。
しかし相手のことを考えることができるようになるには、まず自分自身が救われねばなりません。
そのためのプロセスとして「人を許さない」という逆説的な行為しなくてはいけない場合があるわけです。

「人を許す」ことができるようになるためには「人を許さない」ことが必要な場合もあるのですから、やみくもに「人を愛しなさい」とか「罪を許しなさい」とか「悪を言向け和しなさい」とか言ってみても、それが伝わらない人もいるわけです。

王仁三郎は「神は順序だ」と言っていますが、まさに順序です。必要なプロセスを省いて次のステージには進めないのです。
世界を言向け和して行くには、言向け和せない時代を経なくては行けない場合があるということです。
なかなか世界は一筋縄では進んで行かないようです。


この文章は過去に次のところへ掲載した文章に加筆訂正したものです。
電子書籍『言向け和す ~戦わずに世の中を良くする方法』(2015年12月)

言向和(39) 凝り固まって「言向け和せない」世界

Published / by 飯塚弘明
投稿:2017年09月03日

前回は「アンガーマネジメント」という、怒りの感情をコントールするトレーニング法を紹介しましたが、感情を抑えることが出来ずに困っている人はたくさんいると思います。

しかしそれとは逆に「感情を抑え込んでしまって表に出せない」で困っている人もまた多いのではないかと思います。

「アンガーマネジメント」の中に「怒ることが出来ない人が怒ることが出来るようになる」トレーニングが含まれているのかどうかは勉強不足で分かりませんが、「感情を抑え込んで表に出せない」で困っている人には、それを治す方法として、たとえば「感情解放テクニック」(EFT)等と呼ばれる方法があります。
また「セドナメソッド」という言葉もあります。
そういうキーワードでネットを探すといろいろ出て来ますので、調べてみて下さい。

   ○   ○   ○

感情が爆発してしまうのも、感情を抑え込んでしまうのも、どちらも感情のコントロールがうまく出来ないという点では同じです。

感情を爆発させる人は周りから見て分かりやすいですね。
「すぐキレる」人は、怒鳴ったり、顔を真っ赤にしたりして、何らかのパフォーマンスがあるので、分かりやすいです。

しかし感情を抑え込んでしまう人は、目立ったパフォーマンスがないので分かりにくいです。
そういう人はどうなるかというと、鬱病とか引きこもりとかの一因になったりするのかも知れません。
腹が立っても怒れない人です。
イジメを苦に自殺してしまう子も、怒りを表に出せないタイプが多いのかも知れません。

やられたら、やり返せばいいのです。
倍返しにして、もう二度と刃向かえないようにしてやればいいのです。

──いや、それでは「言向け和す」ではないだろう、と首を傾げる人も多いことでしょう。

そうです。
もちろん「言向け和す」は対立・葛藤を超えた高い次元にあります。
しかしその次元に進む前に、その手前の段階でやらねばならない段階があるのではないかと思います。

すぐキレる人は、キレずに堪えることができるようになり、逆に感情を抑え込んでしまう人は、怒ることができるようになる必要があると思います。
感情に支配されているようでは、動物と同じです。

感情が人間活動の原動力となっているのは事実でしょう。
問題なのは、TPOに合わせて、感情をコントロールできないことです。

楽しくない気分の時は、その楽しくない気分に支配されてしまい、それで楽しくない毎日を過ごすことになるのです。
それなら、楽しい気分になればよいのです。そうすれば楽しい毎日を送ることができます。
それで「あ~、何かいいこと起きないかな~」とため息ばかりついているわけですが、自分の外から何かが起きるのを待つのではなく、自分の中から自分の気持ちを変えることが出来ることが「自分の感情をコントロールする」ということです。
それが出来ないのは、感情に支配されているということです。

王仁三郎が説く「霊主体従」には、自分で自分の感情をコントロールするという意味もあります。
自分の意志で、自分の想念を変え、感情を変え、それによって自分の言動を変えて、そして外界に影響を与えて世の中を変えて行こうということです。

「言向け和す」は、自分の内界(意志想念)をコントロール出来るようになった次元に存在するものです。
「何かいいこと起きないかな~」とため息をついている次元には「言向け和す」は存在しません。そこにあるのは「言向け和されたい」です。そこは感情に支配され、外界に左右されている次元です。
逆に外界を左右させて行くのが「言向け和す」です。

しかし人間にはいろいろとやることがあります。やることをやらないと次の段階へは進めません。
感情の支配に打ち勝って、自由になるためには、すぐに怒る人は怒りを抑えることが出来るようになり、怒れない人は怒ることが出来るようになる必要があります。

子供に嫌われたくなくて子供を叱ることが出来ない親がいますが、そんなのもそうです。何かに囚われていて(つまり執着)叱るべき時に叱ることが出来ないのです。

すぐ怒るのも、怒れないのも、どちらも執着です。

   ○   ○   ○

実は私も、10代から20代の半ばくらいまでは、感情を表に出さない、とても内に籠もった人間でした。
『オレはゴルゴ13だ。絶対に涙と笑顔を見せない男だ』と思っていたくらいです(笑)

感情がすごく凝り固まって・・・
どのくらい凝り固まっていたのかと言うと・・・
極端なエピソードが二つあります。
たいへんお恥ずかしい話で言いづらいのですが・・・

一つは、中学二年生のときに好きになった女の子がいて、結局付き合うことが出来ずに、その後ずっと10年近く思い続けていたことです。
口で言うのは簡単ですが、この執着はとても苦しいものがありました。
これは「秘話」に属しますので、詳細はまた機会があったら書かせていただきます。

もう一つは、やはり思春期の中学二年生くらから、自分の性格のことで親を恨むようになり、ほとんど口もきかずに、やはり十年間くらいずっと親を憎み続けていたことです。
この執着もまたたいへん苦しいものがありましたが、「秘話」に属しますので詳細は別の機会に書かせていただきます。

この、十代前半から二十代前半の十年間は、本当に感情が凝り固まっていた時代でした。
そのブラックホールに引きずり込まれて、怪奇な霊現象もいろいろ発生しました。(これも「秘話」ですが「じぶんのこと」のどこかに詳しく書いてます)

その時代に「言向け和す」とか言われても、何が言いたいのか全然理解出来なかったと思います。
当時の私は、感情がガチガチに凝り固まった世界の住人でした。「言向け和せない」世界です。
しかし、何とかそこから脱出できたから、今こうして「言向け和す」を探究できるのです。
私は感情がガチガチ過ぎて孤独のドン底に陥っており、ともかくそこから脱け出したい一心で、自分の性格を治すために性格改善の本を読んだり、心理学を勉強したり、宗教を学んだりしました。それで王仁三郎に出会ったわけです。
「言向け和す」に目覚めるために、「言向け和せない」世界を体験させられたのかも知れません。

(続く)

言向和(38) 恐怖や憎悪のコントロール

Published / by 飯塚弘明
投稿:2017年08月30日

「言向け和す」が現実の社会でどのように顕れているのか、いくつか例を挙げて説明して来ました。
「言向け和す」とは「敵と友達になる」ことですが、それらの例を眺めて見ると、「敵と友達になる」ということがどういうことだか、何となくご理解できたかと思います。

とはいえ、そういうことがそう簡単に実践出来るわけではありません。
紹介して来た例は、結果的に言向け和すことが出来たのであって、どうしたらそれが出来るのか、という点ではあまり参考にはなりません。同じようなケースが自分自身に起きても、それと同じような対応が出来るかどうか分かりません。
それが簡単に出来るのなら、地上にはとっくの昔に戦争がなくなっていることでしょう。

しかし第二次大戦後は、人間のマインドに関するテクノロジーもかなり進歩しましたので、「言向け和す」に役立つ実用的な技法もかなり開発されているようです。
それをこれから紹介して行こうと思うのですが、私もまだまだ勉強不足ですので、たいしたことを紹介できるわけではありません。

「言向け和す」に役立つ情報がありましたら、ぜひ教えて下さい。よろしくお願いいたします。


憎んだら負け

世界各地でテロの嵐が続いています。
テロる理由は、たいていは何かに対する復讐ですが、そのテロがまた新たな復讐を招きます。
この復讐の連鎖を断ち切らなくては地上に平和は訪れません。

『妻失い…なぜ「テロリスト憎まない」のか?』
という記事があります。
http://www.news24.jp/articles/2016/07/06/07334587.html

2015年のフランス・パリのテロで妻を亡くしたアントワーヌ・レリスという人への取材記事です。
この人は『ぼくは君たちを憎まないことにした』という本を書いています。
http://amzn.to/2wHPztn

この記事を読むと、次のように発言していました。

「“憎しみ”という言葉を使うと、“憎しみ”がそのドアから入ってきて、人生の色をすべて白黒に染めてしまう気がしました。その危機から私は家族を守りたかったのです」

なるほど。
敵を憎んだら「負け」ということではないでしょうか。
妻を殺されただけではなく、人生すべてを犯人によって支配されてしまうことになります。
それは癪に障りますね。

真に戦わなくてはいけない相手は、「敵を憎め」という、悪魔の誘惑の声なんだと思います。

レリスさんは、

「この間、息子と涙が出るほど、笑い転げたとき、昔と同じ笑い方だなと気付きました」

と語っていますが、敵を憎んだら、一生、憎しみに支配され、もはや心の底から笑うことなど出来なくなってしまうことでしょう。

そして、

「理性で乗り越えようと努力しています」
「恐怖を受け入れ、理性と明晰さをもって、それを支配するしかない」

とも語っています。

ある意味、さすが近代的自我を作り上げたフランス人らしく、意識(自我)で無意識に潜む恐怖をコントロールして行こうとしているように感じます。

   ○   ○   ○

アンガーマネジメント

怒りの感情をコントールするトレーニング法に、「アンガーマネジメント」というものがあります。

「殴ってやりたい」と思ったら6秒待て、というのです。

企業研修にも取り入れられているので、いろいろなノウハウがあるんだと思いますが、詳しいことはこちら↓をお読み下さい。

●日本アンガーマネジメント協会
https://www.angermanagement.co.jp/

●「すぐ怒る人に教えよう!アンガーマネジメントで学ぶ怒りやイライラのコントロール」
http://nurse-riko.net/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88/

上記の日本アンガーマネジメント協会のサイトによると、アンガーマネジメントとは「1970年代にアメリカで始まったアンガー(イライラ、怒りの感情)をマネジメント(上手に付き合う)ための心理教育」です。
https://www.angermanagement.co.jp/about

イライラ・怒りの感情と上手に付き合う方法、ということで、「感情が爆発しやすい」人に向けた感情コントロール法ではないかと思います。

アメリカ人と言えば「すぐキレる」というイメージが強いですが(笑)感情がすぐ爆発して人間関係に支障を来たして困っている人が多いので、こういう方法が必要とされたのではないでしょうか。

もちろん、誰でも多かれ少なかれ、怒りを持つことは日常的にありますので、学んでおくと役に立つはずです。

(続く)


この文章は過去に次のところへ掲載した文章に加筆訂正したものです。
「言向け和すメールマガジン」2016年7月6日号 及び 2016年5月11日号

言向和(37) 敵と友達になる─仮面ライダーフォーゼと塩田剛三

Published / by 飯塚弘明
投稿:2017年08月28日

子ども向けのテレビドラマやアニメには勧善懲悪物をよく見かけますが、天に代わって悪を成敗するようなドラマの中にも、たまに「言向け和す」を見つけることができます。

今回は『仮面ライダーフォーゼ』の最終回を紹介します。

「フォーゼ」は仮面ライダーシリーズの誕生40周年記念として作られた作品で、2011年9月から一年間放送されました。

私立高校が舞台の学園青春ドラマ風になっています。
主人公は高校二年生の如月弦太朗(きさらぎ げんたろう)。
天ノ川学園高校に転校生としてやって来ました。
リーゼントに短ランという、大昔の(私の少年時代ですが)ツッパリスタイルです。

弦太朗は転校早々、教室で
「この学校の生徒全員とダチ(友達)になるッ」
と宣言します。
この弦太朗が仮面ライダーに変身して、学園の平和を乱す悪の結社「ゾディアーツ」と戦うのです。
設定は学園ですが、お馴染みのバイクや、採石場での特撮シーンももちろん出てきます。

さて、その最終回です。
悪の親玉は、何と学園の理事長でした。
卒業式の場に弦太朗をはじめ仮面ライダー部の部員が集まります。
弦太朗は必殺技の「青春銀河大大大ドリルキック」を理事長に喰らわして倒しました。

「この私が負けた…」と茫然自失している理事長に、弦太朗はニコリと笑います。
そして、「ダチ(友達)になってくれ、理事長」と手を差し出すのです。

この一言が理事長の心を変えました。
改心した理事長と弦太朗は握手を交わして友情を結ぶのです。

しかしもう肉体的限界に達した理事長は消滅(死)の前に「君たちがプレゼンター(宇宙人)に会ってくれ」と頼み、自分が叶えなかった夢を弦太朗たちに託します。
弦太朗は「わかった。約束する」と誓いました。
そして静かにその場を立ち去る理事長に敬意を表して、弦太朗はじめライダー部の部員たちは深々と礼をして見送りました──。

という話です。
いくら子供向けのドラマとはいえ、ある意味ではとても日本的なシナリオかも知れませんね。
アメリカのヒーロー映画には絶対にあり得ない展開ではないでしょうか。
欧米的な価値観では、悪は根絶するものであり、悪党と友達になるということは、正義のヒーローが悪に成り下がることを意味します。

ですがフォーゼ(如月弦太郎)の場合は決して自分が悪党になったわけではありません。
それはおそらく──フォーゼに負けて、悪の固い仮面を脱ぎ捨てて一人の人間となった理事長に、正義のヒーローとしてではなく、一人の人間として「ダチになってくれ」と手を差し出したのだと思います。
今まで敵だと思っていた如月弦太郎が、自分を差別せずに、友情を結んでくれる・・・
そういう態度に理事長の心は和されたのではないでしょうか。

詳しいストーリーはこちらをごらん下さい。
http://mboverdrive.blog93.fc2.com/blog-entry-1209.html
http://blog.livedoor.jp/jerid_and_me/archives/52033410.html

   ○   ○   ○

このフォーゼの最終回を読んで「いや、これは子供向けだから」と思った人も多いと思います。
そうですね、大人向けのドラマでこのエンディングでは、ちょっと、どうでしょうか。
子供向けだから、こういうエンディングもアリなのでしょう。
親は子供同志がケンカすると「仲直りしなさい」と怒りますもんね。そういう教育的指導がシナリオに込められているのかも知れません。

しかしよく考えてみると、なぜ子供には「仲直りしなさい」と言うクセに、大人はケンカしても仲直り出来ないのでしょうか?
子供に「仲直りしなさい」と怒る親が、夫婦喧嘩の挙げ句に離婚していたのでは、シャレになりません。
「嫌いな奴とは縁を切りなさい」と身をもって教えていることになるのです。

子供に怒るクセに、自分はケンカした後、仲直り出来ないのです。
それもそのはず。
どうやって仲直りしたらいいか分からないからです。
自分のこの腹立たしい気持ちをどう静めたらいいのか。
相手の怒りや悪意をどうやって静めたらいいのか。
そ~んなことは誰も教えてくれません。親も学校も教えてくれません。
しかし、自分が出来なくても子供には「仲直りしなさい」と怒るのは、人間の魂の中に「みんなと仲良くしたい、仲良くしなくてはいけない」という痛烈な想いが先天的にセットされているからです。

ではどうしたら仲良く出来るのか、ケンカした奴と仲直り出来るのか、その技が「言向け和す」です。

   ○   ○   ○

「敵と友達になる」という、ある意味では子供じみたことを、平気で言ってのけた大の大人がいます。
合気道の達人・塩田剛三(1915~1994年)です。
彼は合気道開祖・植芝盛平(1883~1969年)の直弟子であり、養神館合気道の創始者です。(詳しいことはウィキペディアを見て下さい)

「超偉人伝説 神様と呼ばれた男 合気道塩田剛三伝(2/2)」
https://youtu.be/HTXwmGDrkBc
このユーチューブ動画の2:22あたりから、塩田剛三の子息の塩田泰久氏が、父親の強さの秘密について次のように語っています。

すぐ一つになっちゃうんですよね。誰とでも親しくなれるし、悪い人でも、自然と一つにしてしまう。それが一番、集中力をたくわえた原因だと思っています。

そしてそれに続いてナレーターが次にように語っています。

(塩田剛三が)弟子の一人に「先生、合気道で一番強い技は何ですか?」と聞かれ、こう答えた。
「合気道で一番強い技、それは自分を殺しに来た相手と友達になることさ」

自分を殺しに来た相手と友達になる。

これはまさに「敵と友達になる」ということであり、「言向け和す」の精神です。

実は塩田剛三は王仁三郎をあまり評価していなかった…という情報もあるのですが、「言向け和す」の精神は植芝盛平を通して、しかっりと孫弟子に受け継がれているようです。

この動画を見た人かも知れませんが、ヤフー知恵袋で「自分を殺しに来た相手と友達になる技ってどういう技?」という質問をしている人がいました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1197684001

それに対して何人もの人が答えていますが、精神論もあり、技術論もあり、人それぞれ色々な意見が出ています。

しかし言うまでもなくこれは合気道という道場の中だけの話ではなく、人間の人生、社会生活の中で用いられる「技」であります。
時には、手も、足も使わず、口(言葉)さえも使わずにその技を使わねばならないこともあります。

そしてその「自分を殺しに来た相手と友達になる」技を極めたら、もう世界に恐いものは何もなくなることでしょう。

それは宗教が目指す「安心立命」の境地であると言っていいかも知れません。

それがミロクの世の境地です。

(続く)


この文章は過去に次のところへ掲載した文章に加筆訂正したものです。
「言向け和すメールマガジン」2016年3月16日号 及び 2016年8月10日号